@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桂川甫筑(2)【かつらがわ ほちく】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

桂川甫筑(2) かつらがわ-ほちく
1697-1781 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)10年生まれ。桂川甫筑(邦教(くにみち))の長男。桂川家2代。享保(きょうほう)20年(1735)幕府の奥医師となる。のち法眼(ほうげん)。薬剤調合にすぐれた。安永10年3月30日死去。85歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。名は国華(くにてる)。字(あざな)は敦豪。通称ははじめ甫三。号は元英,古林翁。著作に「仙鼎方」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

桂川甫筑(2)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桂川甫筑(2)の関連情報

関連キーワード

藩学一覧総合年表(アメリカ)落語蓼太アウグスト[2世]宮崎安貞元禄の大火カルル12世ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)ニェゴシュ朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation