@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桂川甫筑【かつらがわほちく】

大辞林 第三版

かつらがわほちく【桂川甫筑】
1661~1747 江戸中期の蘭医。本姓森島。名は邦教くにみち。大和の人。嵐山甫安に蘭方医学を学ぶ。のち桂川と改姓。幕府に仕え以後桂川家は奥医師をつとめた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

桂川甫筑
かつらがわほちく
江戸時代の医家。桂川姓では初代、2代、3代、5代が甫筑を通称とする。[末中哲夫]

初代

(1661―1747)蘭方(らんぽう)外科医。名は邦教(くにみち)。字(あざな)は友之、初名を小吉といい、興藪翁と号す。本姓森島氏。大和(やまと)国二階堂村蟹幡(かにばた)の出身(天理市嘉幡(かばた)町)。1681年(天和1)嵐山甫安(あらしやまほあん)に入門、蘭方外科を学び、平戸・長崎に随行修学。1687年(貞享4)京都に移るに際し、甫安の命により嵐山の学統を継ぐ者として桂川と改姓した。1692年(元禄5)徳川家宣(いえのぶ)に仕え、1704年(宝永1)寄合(よりあい)医師。1724年(享保9)幕命によりカピタンと対話(『和蘭(おらんだ)問答』)。1734年法眼(ほうげん)に叙せられた。編著作に『仙鼎方(せんていほう)』(1762)、『繕生室(ぜんせいしつ)医話』6冊(1683)がある。延享(えんきょう)4年10月9日没。歴代とも東京都港区芝白金二本榎(にほんえのき)上行(じょうぎょう)寺に葬られたが、現在は神奈川県伊勢原(いせはら)市に墓所が移っている。[末中哲夫]

2代

(1697―1781)名は国華(くにてる)。幼名は竹松、初名を甫三(ほさん)といい、1747年(延享4)甫筑に改名。奥医師を勤め調薬に従事した。[末中哲夫]

3代

(1730―1783)名は国訓(くにのり)。幼名は小吉、初名を甫謙・甫三といい、釣月と号す。奥医師。青木昆陽(こんよう)に蘭語を学び、オランダ人と対話(1761)、1764年(明和1)平賀源内著『火浣布(かかんぷ)略説』序文を執筆、1767年前野良沢(りょうたく)・杉田玄白から調薬方を伝授され、1774年(安永3)『解体新書』を大奥から献上方を推薦。1782年(天明2)『(ようふ)』7巻を編集するなど、蘭学の推進に積極的に協力した。[末中哲夫]

5代

(1767―1827)名は国宝(くにとみ)。幼名は琳之助(りんのすけ)、初名を甫謙・甫周といい、字は孟春、柳窓と号す。漢方の名家多紀道訓(みちのり)の長子で、1793年(寛政5)桂川家の養子となった。奥医師。1814年(文化11)吉田長淑(ちょうしゅく)(1779―1824)訳『泰西熱病論』に序文を寄せた。[末中哲夫]
『今泉源吉著『蘭学の家 桂川の人々』正続(1965、1968・篠崎書林)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かつらがわ‐ほちく【桂川甫筑】
江戸中期の蘭医。桂川家初代。本姓、森島。名は邦教。通称、小助。大和の人。平戸藩医嵐山甫安、のち長崎の蘭医ダルネル=アルマンスに外科医術を学び、幕府の医官となる。オランダの使者と対話し、海外事情を聴取。著に「仙鼎方」がある。寛文元~延享四年(一六六一‐一七四七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂川甫筑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桂川甫筑の関連情報

関連キーワード

アフマド・シャー・ドゥッラーニー隠元ヘンミ竹田出雲(初代)桃園天皇ドゥラーニー朝ベロット桃園天皇レオポルト1世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation