@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桂文枝【カツラブンシ】

デジタル大辞泉

かつら‐ぶんし【桂文枝】
上方の落語家
(初世)[1819~1874]江戸後期から明治の落語家。大坂の人。「三十石」を得意とし、上方落語の中興の祖と称される。
(5世)[1930~2005]大阪の生まれ。本名、長谷川多持。音曲入りを得意とし、上方落語復興尽力。当たり芸に「立ち切れ線香」「(たこ)芝居」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かつらぶんし【桂文枝】
落語家。(1)初代(1819‐74∥文政2‐明治7) 俗に藤兵衛という。上方の3代桂文治門下。上方落語の代表的演目三十石(さんじつこく)》は彼の作といわれ,得意の演目でもあった。幕末の上方落語界の重鎮。(2)2代(1844‐1916∥弘化1‐大正5) はじめ万光(まんこう)に入門して南光,のち立川三光門下となって三木助(桂三木助)となり,のち初代桂文枝の門に転じて文三(ぶんざ)から2代襲名。還暦の際に,弟子の桂小文枝に3代目をゆずって桂文左衛門と改名

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かつらぶんし【桂文枝】
(初世)1819~1874 大坂の落語家。素咄すばなしを得意とした。人望があり、四人の門人が活躍して明治中期の上方落語の全盛時代を築き上げた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂文枝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桂文枝の関連情報

関連キーワード

アミノ安息香酸アンティオコス[3世]アンチオコス3世アンティオコス(3世)朝鮮人帰還協定アミノ安息香酸(データノート)ベネディクト ヘヴェデス橋本宗吉おらが春シンガポール(国)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation