@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桂本万葉集【かつらぼんまんようしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

桂本万葉集
かつらぼんまんようしゅう
紀貫之筆と伝えられる桂宮家旧蔵の『万葉集』巻四の1巻 (御物) とその断簡のこと。断簡のみを「栂尾切 (とがのおぎれ) 」というが高山寺との関係は明白でない。,白,藍,薄紅などの鳥の子の料紙を用い,金銀泥で花鳥草木の下絵施し,流麗な書風特色をなす。平安時代の桂本,藍紙本,天治本,金沢本,元暦校本の5種の『万葉集』写本中最古で,書道史上も貴重な遺品

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂本万葉集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桂本万葉集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation