@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【かつら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かつら
茨城県中北部,城里町北東部の旧村域。那珂川流域にある。 1955年圷 (あくつ) 村,岩船村,沢山村の3村が合体して桂村が成立。 2005年常北町,七会村と合体して城里町となった。半分以上が八溝山地で,那珂川沿いに水田が,丘陵地に畑地が広がる。御前山県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


かつら
京都市西京区の一地区。旧村名。 1931年京都市に編入。桂川右岸にあり,国道9号線が通じる。米作のほか,近郊野菜園芸が行われるが,都市化,宅地化も進んでいる。桂川河岸に桂離宮がある。かつてはアユを売り歩く桂女で知られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かつら【×桂】
カツラ科の落葉高木。山地に自生。葉は広卵形で裏面が白い。雌雄異株。5月ごろ、紅色の雄花、淡紅色の雌花をつけ、花びらはない。材を建築・家具や碁盤・将棋盤などに用いる。おかつら。かもかつら。
中国の伝説で、月の世界にあるという木。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつら【桂】[地名]
京都市西京区、桂川西岸の地名。桂離宮がある。[歌枕]
[補説]書名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつら【桂】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【×桂】
ニッケイの慣用名。また、トンキンニッケイカシア)の漢名。
カツラ別名。中国ではモクセイをいう。
将棋で、「桂馬(けいま)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【桂】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ケイ(漢) [訓]かつら
ニッケイ・モクセイなどの香木の総称。「桂冠桂皮肉桂
月の別名。「桂月
将棋の駒の一。「桂馬
[名のり]かつ・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつら【桂】[書名]
写真家、石元泰博桂離宮を撮影した複数の写真集の通称。→桂日本建築における伝統と創造桂離宮空間と形

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かつら【桂 guì】
中国では,ニッケイ(肉桂)あるいはモクセイ(木犀),また月にあると考えられた木。日本のカツラやゲッケイジュとは別物。桂については《山海経(せんがいきよう)》や《荘子》など先秦の書物にも記事があり,珍しい木,香辛料の木とされ,時代が下ると《本草》をはじめ諸書に,薬用植物として,牡桂,菌桂,木桂,肉桂など多様に表出される。これらが現在の何に当たるかは大半不明だが,漢の武帝が未央(びおう)宮の北に桂宮を作ったように,桂が高貴,良い香りを象徴したことはまちがいない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かつら【桂】
カツラ科の落葉高木。高さ約30メートル。樹皮は灰色で、葉は卵心形。雌雄異株。春、葉に先立って紅色を帯びた細花を房状につける。果実は円柱形の袋果。材は軽く軟らかく加工が容易で、家具・彫刻・器具用になる。
中国で、月にあるといわれる想像上の木。月の桂。
[句項目] 桂を折る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつら【桂】
京都市西京区、桂川西岸の地域。桂離宮がある。歌枕 こよひわが-の里の月を見ておもひのこせることのなきかな/金葉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつら【桂】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【桂】
[0][1] 将棋の駒の一。桂馬。
クスノキ科の常緑高木。中国の華南・ベトナムなどに産する。ニッケイに近縁で、全体に芳香がある。樹皮(桂皮)を薬用とし、また芳香油をとる。東京トンキン肉桂。カシア。
ニッケイの慣用漢名。
モクセイ・ニッケイ・クス・ゲッケイジュなど常緑の香木の総称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

桂 (カツラ)
植物。キンポウゲ科の多年草,園芸植物,薬用植物。オキナグサの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂 (カツラ)
植物。藪肉桂または,木犀の古名

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂 (カツラ)
学名:Cercidiphyllum japonicum
植物。カツラ科の落葉大高木,園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂 (カツラ)
植物。クスノキ科常緑高木,園芸植物,薬用植物。ニッケイの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂 (ケイ・カツラ)
植物。クスノキ・モクセイなどの総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かつら【桂】
[1] 〘名〙
① カツラ科の落葉大高木。日本の各地と中国の山地に生える。高さ二五メートル、径一・五メートルをこえるものもある。樹皮は暗灰色で縦に裂け目がある。葉は長さ二~二・五センチメートルの細い柄をもち、長枝には対生し短枝には単生する。葉身は長さ幅とも三~七センチメートルの心臓形で、縁に鈍い鋸歯(きょし)があり、裏面は粉白色。雌雄異株。春、葉に先だって花被のない花を葉腋(ようえき)に単生。雄花は紅色の葯(やく)をつけたおしべ多数から成り、雌花は三~五個のめしべをもち柱頭は糸状で淡紅色を帯びる。花後、短柄のある、やや湾曲した円柱形果実を結ぶ。熟すと紫褐色となって裂け、一端に翼のある長さ五ミリメートルほどの種子をとばす。材は軽く柔らかく、木目(きめ)がまっすぐで変形が少ないので、建築・家具・彫刻材などに用いられる。本州の中・北部には、日本特産の、葉が大形で、種子の両端に翼があり、樹皮は老木となるまで裂けないヒロハカツラが産する。かもかつら。しろかつら。かつらぎ。
※古事記(712)上「傍の井の上に湯津香木有らむ。〈略〉〈香木を訓みて加都良と云ふ。木ぞ〉」
※源氏(1001‐14頃)花散里「大きなるかつらの木の追ひ風に、祭の頃おぼし出でられて」
② 中国伝説で、月の世界に生えているという木。→桂男(かつらおとこ)
※万葉(8C後)四・六三二「目には見て手にはとらえぬ月の中の楓(かつら)のごとき妹をいかにせむ」
※古今(905‐914)秋上・一九四「久方の月の桂も秋は猶もみぢすればやてりまさるらむ〈壬生忠岑〉」
③ 桂むきにした生大根を丸めて切り、糸状にしたもの。刺身のつまなどに用いる。
④ 植物「にっけい(肉桂)」また「けいひ(桂皮)」の異名。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
[補注]「十巻本和名抄‐一〇」では「桂」を「めかつら」、「楓」を「をかつら」とよむ。
[2] 京都市西京区東部、桂川西岸の地名。桂離宮がある。
※源氏(1001‐14頃)松風「かつらにみるべきことはべるをいさや心にもあらでほどへにけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かつら【桂】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【桂】
〘名〙
① クスノキ科の常緑高木。中国南部やインドシナなどで栽培される。幹は高さ一五メートルほどになる。葉は革質の長卵円形で長さ七~一〇センチメートル、裏面は粉白色を帯びる。花は帯黄色。樹皮を桂皮といい、芳香があり、調味料、健胃・脱臭剤などとし、また香料に用いる油を採る。とんきんにっけい。
② カツラ、モクセイ、ニッケイ、クス、ゲッケイジュなどの総称。特にニッケイの慣用漢名に用いる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
③ 「けいま(桂馬)①」の略。
※明治浮世風呂(1887)〈浮世粋史〉一三「其歩(ふ)を捨て桂(ケイ)を上った方が宜(いい)ぜ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation