@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桃園天皇【ももぞのてんのう】

美術人名辞典

桃園天皇
第百十六代天皇。御名は遐仁、初め八穂宮と称し、のち茶地宮と改められた。桜町天皇の第一皇子、母は開明門院藤原定子。竹内式部から尊王思想を学んだ烏丸光胤・坊城俊逸らは皇権復古を志し、桃園天皇に『日本書紀』の進講を始めたが、所司代への告訴により停止され、式部門下は処罰された。宝暦12年(1762)崩御、22才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ももぞの‐てんのう〔‐テンワウ〕【桃園天皇】
[1741~1762]第116代天皇。在位1747~1762。桜町天皇の第1皇子。名は遐仁(とおひと)。在位中、宝暦事件が起こった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

桃園天皇 ももぞのてんのう
1741-1762 江戸時代中期,第116代天皇。在位1747-62。
寛保(かんぽう)元年2月29日生まれ。桜町天皇の第1皇子。母は藤原定子(開明門院)。父の譲位により7歳で即位。竹内式部(たけのうち-しきぶ)の垂加流神道に傾倒した公家から「日本書紀」の進講をうけたことで関白らと対立。幕府が竹内と関係した公家を処罰した宝暦事件がおこった。宝暦12年7月12日死去。22歳。墓所は月輪陵(つきのわのみささぎ)(京都市東山区)。幼称は八穂(やほの)宮,茶地(さちの)宮。諱(いみな)は遐仁(とおひと)。日記に「桃園院御日記」,著作に「七夕七遊宸記(たなばたしちゆうしんき)」など。
【格言など】神代より世世にかはらで君との道すなほなる国はわがくに(公宴御会和歌)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ももぞのてんのう【桃園天皇】
1741‐62(寛保1‐宝暦12)
第116代に数えられる天皇。在位1747‐62年。名は遐仁(とおひと)。桜町天皇の第1皇子で,1747年(延享4)3月立太子,同年5月践祚。好学の聞えが高く,漢学造詣も後光明天皇以来と,侍読の臣が感嘆したという。在位の間に起きた宝暦事件は王政復古運動の暁鐘といわれるが,一面天皇の旺盛な向学心をうかがわせるものであった。この事件は57年(宝暦7)垂加流の神道家竹内式部に師事した徳大寺公城らの少壮公家がその神道説を天皇に進講したのが発端である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ももぞのてんのう【桃園天皇】
1741~1762 第一一六代天皇(在位1747~1762)。桜町天皇の第一皇子。名は遐仁とおひと。治政下、宝暦事件が起こった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

桃園天皇
ももぞのてんのう
[生]寛保1(1741).2.29. 京都
[没]宝暦12(1762).7.12. 京都
第 116代の天皇 (在位 1747~62) 。桜町天皇の第1皇子。生母は開明門院藤原定子。養母は皇太后藤原舎子 (いえこ。青綺門院) 。名,遐仁 (とおひと) 。初め八穂宮と称し,のち茶地宮と改名。延享4 (47) 年践祚。次いで即位。在位中,竹内式部の門人徳大寺公城,坊城俊逸らに神学を進講させたことが発端となって,いわゆる宝暦事件が起った。陵墓は京都市東山区今熊野泉山町の月輪陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

桃園天皇
ももぞのてんのう
(1741―1762)
江戸中期の天皇(在位1747~62)。名は遐仁(とおひと)。幼時、八穂宮、のち茶地(さち)宮。桜町(さくらまち)天皇の第1皇子。生母は開明門院(姉小路実武の女(むすめ)定子)、嫡母は青綺門院(せいきもんいん)(桜町天皇女御(にょうご))。1747年(延享4)3月立太子、5月受禅、9月即位。宝暦(ほうれき)12年7月22日没。22歳。京都月輪(つきのわ)陵に葬られる。15年余りの在位中の後半に、竹内式部(たけのうちしきぶ)のいわゆる宝暦事件(1758)が起きた。廷臣らから少年時代以来賢明さを期待されていた天皇は、式部の説による神書=『日本書紀』の進講を近習(きんじゅ)の徳大寺公城(きみき)らから受けたが、この動きを危険視した前関白一条道香(みちか)らは青綺門院に働きかけ、近臣らを処罰して天皇の側近から一掃した。[山田忠雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

桃園天皇 (ももぞのてんのう)
生年月日:1741年2月29日
江戸時代中期の第116代の天皇
1762年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ももぞの‐てんのう ‥テンワウ【桃園天皇】
第一一六代天皇。桜町天皇第一皇子。名は遐仁(とおひと)。母は藤原定子。延享四年(一七四七)六歳で即位。在位一六年。在位中、垂加神道を学んだ竹内式部から奥義を伝授された徳大寺公城らによって神書の進講が行なわれ、いわゆる宝暦事件が起こった。御陵は京都市の月輪陵。寛保元~宝暦一二年(一七四一‐六二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桃園天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桃園天皇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation