@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桃山文化【モモヤマブンカ】

デジタル大辞泉

ももやま‐ぶんか〔‐ブンクワ〕【桃山文化】
桃山時代の文化。美術史では安土時代をも含める。長い戦国争乱の状態から急速に統一が達成され、自由闊達(かったつ)な人間中心の文化が展開。雄大な城郭社寺などが造営され、内部を飾る華麗な障屏画(しょうへいが)が描かれる一方民衆の生活を題材とした風俗画のジャンルが確立。芸では茶の湯大成隆盛浄瑠璃発達などをみた。また、南蛮文化の影響も重要。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ももやまぶんか【桃山文化】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

桃山文化
ももやまぶんか

安土(あづち)桃山時代のうち豊臣(とよとみ)秀吉が政権を握った桃山時代(1582~1603)における文化の総称。大坂城、聚楽第(じゅらくだい)、伏見(ふしみ)(桃山)城の建築、障屏(しょうへい)画、茶の湯など華麗な文化が栄えた。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

桃山文化
ももやまぶんか
織田信長・豊臣秀吉時代(16世紀後半)の文化
国内の統一,海外雄飛の風潮の反映として現実的・豪壮華麗・自由清新な点を特色とする。壮大な城郭建築として安土城・大坂城・伏見城・二条城などがあり,邸宅に聚楽第 (じゆらくだい) がある。絵画・工芸では書院造の装飾を中心に障壁画が発展し,狩野永徳・狩野山楽・海北友松 (かいほうゆうしよう) ・長谷川等伯らが出た。芸能では茶道能楽三味線・浄瑠璃・阿国 (おくに) 歌舞伎が発達し,南蛮文化として,鉄砲の普及とキリシタン伝道や生活文化への影響がある。また庶民性の前進も見落とせない特色である。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桃山文化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桃山文化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation