@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桃山美術【ももやまびじゅつ】

世界大百科事典 第2版

ももやまびじゅつ【桃山美術】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

桃山美術
ももやまびじゅつ
日本美術史上の一区分。一般史の安土(あづち)桃山時代(1568年の織田信長上洛(じょうらく)から1603年の江戸幕府開設まで)に加えて、美術史では幕府開設後の寛永(かんえい)末年(1644)ごろまでを含めて桃山時代とするのが一般である。七十余年の短い時代であるが、支配階級だけでなく、庶民のエネルギーが一つの方向をもち始めた現世肯定の時期として注目される。美術活動でこの時代を代表するのは絵画で、武将の権威を誇示する城郭建築、書院造の武家住宅の建造に伴って、その内部を飾る濃彩の金碧障屏画(きんぺきしょうへいが)が次々に生み出されて、いわゆる桃山様式の華やかな展開のピークを形成した。画工としては、狩野(かのう)派の永徳(えいとく)、光信(みつのぶ)、山楽(さんらく)、そして長谷川等伯(はせがわとうはく)、海北友松(かいほうゆうしょう)らの名があげられる。またイエズス会のザビエル来日とともにもたらされた西欧の宗教絵画をもとに日本でも洋風画が始められ、南蛮趣味の流行と相まって、南蛮美術と総称される絵画・工芸品が数多くつくられ、のちには西洋人の趣味にあわせた輸出用の蒔絵(まきえ)製品までつくられたことも注目される。
 こうした豪華絢爛(けんらん)の流れの一方、茶の湯の流行により、豪華さと相反するわびの精神に基づく芸術活動もみられる。近世以降の日本文化の本質をなす両面性がこの時代に打ち出されていることにも注目したい。[永井信一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桃山美術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桃山美術の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation