@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桃山【ももやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

桃山
ももやま
和歌山県北部,紀の川市南部の旧町域。紀ノ川と支流貴志川合流点の南東岸を占める。1956年安楽川町,奥安楽川村,調月村の 3町村が合体して桃山町が発足。1957年細野村の一部を編入。2005年打田町,粉河町,那賀町,貴志川町の 4町と合体して紀の川市となった。地名は特産のモモに由来。合流点付近の安楽川(あらかわ。荒川の意)はかつては高野山金剛峯寺の寺領で,豊かな米作地域であるとともに洪水常襲地であったが,第2次世界大戦後の河川改修により洪水はなくなった。貴志川の支流柘榴川(ざくろがわ)流域の山地では江戸時代後期からモモ栽培が行なわれ,明治期以降生産が拡大した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桃山
ももやま
京都市南部,伏見区の一地区。東山連峰南端の丘陵に位置。前面に宇治川を控え,南山城地方が一望できる自然の要害地で,慶長1 (1596) 年豊臣秀吉伏見城を築き,丘陵西斜面に城下町が発達。元和5 (1619) 年城が取りこわされ,跡地にモモの木が植樹されてモモの名所となり,地名の由来となったといわれる。城跡明治天皇の伏見桃山御陵,乃木神社があり,1964年には城が再建された。近年,宅地化が進んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ももやま【桃山】
京都市伏見区の地名。宇治川北岸に位置する。豊臣秀吉伏見城を築き、その跡一帯に桃の木を植えたのでこの名があるという。桓武明治両天皇陵がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

ももやま【桃山】
和菓子の一種。白あんに卵黄砂糖、水あめ、みじん粉またはくず粉などを加えて練り、形をととのえてオーブンなどで焼いたもの。中にあんを入れたものもある。ほかの菓子の生地としても用いる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ももやま【桃山】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ももやま【桃山】
和菓子の名。白餡あんに砂糖・みじん粉・卵黄を加え、模様をつけて焼いたもの。現在はこれを皮として餡を包んだものもある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ももやま【桃山】
京都市伏見区の地名。豊臣秀吉が伏見城を築いた地で、江戸初期廃城後、桃を植えて桃林としたことに由来する名称という。桓武・明治天皇の陵がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

桃山 (モモヤマ)
学名:Rhododendron pulchrum
植物。ツツジ科のヒラドツツジの園芸品種

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もも‐やま【桃山】
[1] 和菓子の一つ。白餡(しろあん)に砂糖と卵黄、また少量のみじん粉またはくず粉を練り混ぜて焼いたもの。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉中「今従来伝はりたる品類を掲げば、羊羹・カステーラ・玉だれ・桃山(モモヤマ)
[2] (伏見城の跡に多くの桃の木が植えられたところから) 京都市伏見区の山。また、その一帯の地名。宇治川を望む景勝地で、鎌倉時代以降皇室領となったが、文祿年間(一五九二‐九六)豊臣秀吉が伏見城を築城して城下町が発達。伏見城は元和五年(一六一九)に廃城となったが、江戸時代は淀川水運の要津として栄えた。明治天皇陵(伏見桃山陵)がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桃山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桃山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation