@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桃李【トウリ】

デジタル大辞泉

とう‐り〔タウ‐〕【桃×李】
すもも。また、桃の花とすももの花。
《唐の劉禹錫(りゅううしゃく)の「満城の桃春官(しゅんかん)に属(しょく)す」の詩句から》試験官が採用した門下生。自分がとりたてた人材。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とうり【桃李】
桃と李すもも
劉禹錫の寄王侍郎放榜一日声名徧天下、満城桃李属春官による 試験官が採用した優れた門下生。自分がとりたてた人材。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

桃李 (スモモ)
学名:Prunus salicina
植物。バラ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐り タウ‥【桃李】
〘名〙
① 桃と、すもも。桃の花と、すももの花。
※万葉(8C後)一九・四一三九・題詞「眺矚春苑桃李花作二首」
※和漢朗詠(1018頃)下「桃李言(ものい)はず春幾ばくか暮れぬる 煙霞跡無し昔誰か栖んじ〈菅原文時〉」 〔詩経‐召南・何彼矣〕
② (「劉禹錫‐継和礼部王侍郎放榜後詩」の「一日声名徧天下、満城桃李属春官」による) 試験官が採用した門下生。自分が推挙した人材。自分がとりたてた弟子。
※蔭凉軒日録‐長享三年(1489)三月朔日「以進叔芳隣花中太真飛燕、藤、康、菅、泉者皆輿桃李也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桃李」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桃李の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation