@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桃色【ももいろ】

色名がわかる辞典

ももいろ【桃色】
色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかい」としている。一般に、バラ科の落葉果樹モモの花のような淡く薄い紅色のこと。古くは桃染、桃花染ともいったが、キク科ベニバナで薄く染めた色と考えられている。一方、古くはモモの花で染色していたとする説もある。英名ピンク(pink)の訳語として用いることもあるが、ピンクはナデシコ科ナデシコ属植物の花の色であって意味が違う。JISの色彩規格でも異なる色としており、ピンクより桃色の方が赤みが少し強い。ただし、JISには撫子なでしこが定義されていないため、ピンクの訳語として和名撫子色が適当とは断言できない。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もも‐いろ【桃色】
桃の花の色。うすい赤色。淡紅色。ピンク。
男女間の色情に関すること。「桃色遊戯」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もも‐いろ【桃色】
〘名〙
① 桃の花の色。うす赤い色。淡紅色。
※車屋本謡曲・草子洗小町(1570頃か)「手先遮る花の一枝、もも色の衣や、かさぬらん」
② やや左翼的な思想であること。また、その人。
③ 思想が穏和であること。また、その人。中間派。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「もと漸進党の機関学校として温和な桃色の旗を掲げて居た学舎は」
④ 男女の色情に関すること。
※映画と批評(1939)〈津村秀夫〉三「一流大会社が兎角不真面目な桃色映画を撮ってゐる最近の日本映画界で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桃色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桃色の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISX0208JISJISX0213JIS漢字水準旧JIS洗濯表示JIS X0221

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation