@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【トウ】

デジタル大辞泉

とう【桃】[漢字項目]
常用漢字] [音]トウ(タウ)(漢) [訓]もも
〈トウ〉木の名。モモ。「桃花桃李(とうり)白桃
〈もも〉「桃色山桃
[難読]胡桃(くるみ)桜桃(さくらんぼ)桃花鳥(とき)梅桃(ゆすらうめ)・山桜桃(ゆすらうめ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もも【桃】
バラ科の落葉小高木。葉は細長くて先がとがり、縁に細かいぎざぎざがある。4月ごろ葉より早く、淡紅色のほか白や濃紅色の5弁花を開く。夏に球形の肉厚多汁の実がなり、食用。種子は漢方で桃仁といい薬用。中国の原産。日本では古くから果樹または花木として栽培され、品種が多い。 花=春 実=秋》「ゆるぎなく妻は肥りぬ―の下/波郷
桃色」の
ワタの実。球状で頂部のとがった桃の実形をし、熟すと開する。
襲(かさね)の色目の名。表は、裏は紅梅。また、表は白、裏は紅など諸説がある。3月ごろ用いた。
紋所の名。1の実または葉を図案化したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

もも【桃】
バラ科の落葉小高木。中国北部原産。果樹および花木として栽培。葉は披針形で互生する。春、淡紅・濃紅・白などの五弁または重弁花を開く。核果は球形で大きく、ビロード状の毛がある。果肉は柔らかく多汁で甘い。つぼみや種子を漢方で薬用とし、葉は浴湯料に、樹皮は染色に用いられる。 [季] 秋。 桃の花[季]
「桃の節句」の略。
「桃割れ」の略。
[句項目] 桃栗三年柿八年

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

桃 (モモ)
学名:Prunus persica
植物。バラ科の落葉低木・小高木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

桃[果樹類]
もも
北陸甲信越地方、山梨県の地域ブランド。
主に笛吹市・山梨市・甲州市で生産されている。バラ科。日本の桃栽培は1900(明治33)年に始められ、現在では山梨県がぶどうと並んで日本一の生産量として知られる。甲府盆地一帯は、冬の盆地特有の寒さ、夏の猛暑と寒暖差があり、更に日照時間も日本一長いことなどがフルーツ栽培に適しているという。甘い果汁に加え、食物繊維ミネラルが豊富なアルカリ性食品である。果肉が緻密で甘く多汁な白鳳大玉果皮が鮮紅色の浅間白桃などが代表品種。そのほか、日川白鳳・加納岩白桃・長沢白桃(いずれも山梨県産)などがある。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もも【桃】
〘名〙
① バラ科の落葉小高木。中国黄河上流地域原産で、古くから日本に渡来していたらしく、彌生時代の遺跡からも核が出土する。食用の記録は正倉院文書、延喜式などにみられる。現在広く栽培される品種は明治以降ヨーロッパ・中国からの導入品種から改良によってあらたに作出されたもの。また、古くから花を観賞する品種も多い。高さ約五メートル。葉は披針形または長楕円形で長さ一〇~一六センチメートル、先はとがり、縁に細鋸歯(きょし)がある。春、葉に先だって、淡紅色または白色の五弁花を開く。果実は球形で大きく、核がある。果肉はやわらかく美味。多汁で、生食や缶詰にされる。材は黄色で細工物に用い、核は漢方で桃仁(とうにん)といい、せきどめに用いる。葉は浴湯に入れ、これを桃湯という。みきふるぐさ。みちとせぐさ。みちよぐさ。《季・秋》
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「時に道の底に大なる桃(モモ)の樹(き)有り」
② (その形が①の実に似ているところから) 木綿(きわた)の実。
※俳諧・埋草(1661)三「園ならてふくてふももの綿畠」
③ 襲(かさね)の色目の名。表紅裏紅梅。または表白裏紅。一説に、表薄紅中陪(なかべ)白裏萌葱。三月頃用いる。
④ 紋所の名。①の実をかたどったもの。三つ桃、割り桃などの種類がある。
⑤ 「もも(桃)の節供」の略。
※雑俳・柳多留‐三五(1806)「桃の頃室町近く御所が建ち」
⑥ 「ももわれ(桃割)」の略。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻一四下「丸まげになるてふ桃の里ばなれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation