@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桐油【トウユ】

デジタル大辞泉

とう‐ゆ【×桐油】
アブラギリ種子から得られる赤黄色の乾燥が速く、耐水性がある。日本では古くから桐油紙番傘などに使用。きりあぶら。
桐油紙(がみ)」「桐油ガッパ」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きり‐あぶら【×桐油】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きり‐ゆ【×桐油】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうゆ【桐油】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きり‐あぶら【桐油】
〘名〙 乾性油の一つ。日本産のものはアブラギリの種子からとったもので、黄色または橙(だいだい)色の液体。傘、油紙など防湿に用いられる。中国産のものはシナアブラギリの種子からとったもので、黄色または黄褐色の液体。塗料、薬用、リノリウムなどに用いられる。とうゆ。きりゆ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐ゆ【桐油】
〘名〙
① =きりあぶら(桐油)〔温故知新書(1484)〕 〔明一統志〕
※歌舞伎・東海道四谷怪談(1825)三幕「桐油(トウユ)に包みし廻文状を」
※俳諧・五老文集(1693か)「月の雪桐油は有や坂の駕籠〈許六〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と‐ゆ【桐油】
〘名〙
① 「とうゆ(桐油)」の変化した語。
▼とゆの実《季・秋》
※俳諧・誹諧通俗志(1716)時令「桐油(トユ)の実」
※浄瑠璃・車還合戦桜(1733)四「又一しきり降る雨に〈略〉ヤレお客様乗物にお召なされ、桐油(トユ)よ合羽と取繕ひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きり‐ゆ【桐油】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桐油」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桐油の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation