@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桐生悠々【きりゅうゆうゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

桐生悠々
きりゅうゆうゆう
[生]1873.5.20. 金沢
[没]1941.9.10. 名古屋
ジャーナリスト。本名は政次。 1899年東京大学法学部卒業後,『下野新聞』『大阪毎日新聞』『大阪朝日新聞』などの記者生活を経て,1910年『信濃毎日新聞』の主筆に招かれ,憲政擁護運動のなかで堂々の論陣を張ったが,社の経営方針と対立して 1914年に辞職。まもなく『新愛知』 (現在の『中日新聞』) の主に招かれたが,第2次憲政擁護運動のなかで 1924年に退社。日刊新聞の創刊などに失敗したのち,1928年再び『信濃毎日新聞』の主筆に返り咲き,治安維持法や軍備増強,五・一五事件などを激しく批判した。このため軍部不買運動など,あらゆる圧力をかけ,ついに悠々は 1933年 12月辞職。その後名古屋に移住し,個人誌『他山の石』を創刊して,反軍反ファシズムの言論活動を展開,1941年の廃刊に追い込まれるまで,30回近い発禁や削除の弾圧を受け,経済的にも窮迫しながら,自分の立場を守り続けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きりゅう‐ゆうゆう〔きりふイウイウ〕【桐生悠々】
[1873~1941]ジャーナリスト。石川の生まれ。本名、政次。信濃毎日新聞主筆として乃木希典(のぎまれすけ)殉死や関東防空大演習を批判。軍の圧力を受けて職を追われた後は、個人誌「他山の石」を発刊して軍部批判を続けた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

桐生悠々 きりゅう-ゆうゆう
1873-1941 明治-昭和時代前期のジャーナリスト。
明治6年5月20日生まれ。43年「信濃(しなの)毎日新聞」主筆。大正元年乃木希典(のぎ-まれすけ)の殉死を批判して論議をよび,退社。昭和3年復職。8年社説「関東防空大演習を嗤(わら)ふ」で軍の圧力をうけ再退社。以後,雑誌「他山の石」を発行して軍部批判をつづけた。昭和16年9月10日死去。69歳。石川県出身。東京帝大卒。本名は政次。
【格言など】小生が理想したる戦後の一大軍粛を見ることなくして早くもこの世を去ることは如何にも残念至極に御座候(「他山の石」廃刊の挨拶)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きりゅうゆうゆう【桐生悠々】
1873‐1941(明治6‐昭和16)
新聞人。本名政次。金沢に生まれる。東京帝大卒業後,《下野新聞》《大阪毎日新聞》《大阪朝日新聞》《東京朝日新聞》などを経て,1910年《信濃毎日新聞》主筆に就任,〈陋習打破論――乃木将軍の殉死〉で論議を呼ぶ。14年《新愛知》主筆となり,名古屋市内電車買収問題などで《名古屋新聞》と論戦を展開,17年の檜山事件では女学校長の非行を追及する社会浄化の論陣を張る。28年《信毎》主筆に復帰したが,33年〈関東防空大演習を嗤ふ〉の論説が軍の忌諱に触れ退社に追い込まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きりゅうゆうゆう【桐生悠々】
1873~1941 ジャーナリスト。金沢市生まれ。本名、政次。東大卒。新聞記者となり、信濃毎日新聞主筆として徹底した軍部批判の筆をふるう。また、個人雑誌「他山の石」を発刊。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

桐生悠々
きりゅうゆうゆう
(1873―1941)
新聞記者。本名は政次(まさじ)。明治6年5月20日金沢生まれ。1899年(明治32)東京帝国大学法科卒業。博文館、下野(しもつけ)新聞社、大阪毎日新聞社、大阪朝日新聞社などを転々としたのち、1910年(明治43)『信濃(しなの)毎日新聞』主筆となる。1912年(大正1)9月、乃木(のぎ)将軍の殉死を陋習(ろうしゅう)として社説で批判し、非難攻撃を受ける。1914年『新愛知』の主筆として名古屋へ行くが、1924年退社。1928年(昭和3)ふたたび『信濃毎日』に主筆として迎えられるが、1933年8月11日付けの社説「関東防空大演習を嗤(わら)ふ」が軍関係者の間で問題化し10月退社。以後、名古屋郊外守山町に移り、名古屋読書会を組織、かたわら個人雑誌『他山の石』を毎月発行して時局批判、軍部攻撃を続ける。発禁を受ける回数が増えるとともに喉頭癌(こうとうがん)が悪化、1941年(昭和16)8月「廃刊の辞」を友人、読者に発送したのち、9月10日死亡。反軍ジャーナリストの壮絶な最期であった。[春原昭彦]
『太田雅夫編『桐生悠々自伝』(1973・現代ジャーナリズム出版会) ▽井手孫六著『抵抗の新聞人 桐生悠々』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桐生悠々」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桐生悠々の関連情報

関連キーワード

633美の里ニゲルいの(町)吾北日本郵便制度史(年表)大不況サッカー(フットボール)鉄筋コンクリート構造自民党総裁選ベネチア水没危機

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation