@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桓公【カンコウ】

デジタル大辞泉

かん‐こう〔クワン‐〕【桓公】
[?~前643]中国、春秋時代君主在位、前685~前643年。は姜(きょう)。名は小白。鮑叔牙(ほうしゅくが)進言により管仲を登用して国力を充実させ、前651年、春秋五覇の第一となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんこう【桓公 Huán gōng】
?‐前643
中国,春秋の君主。在位,前685‐前643年。名は小伯。僖公の子,襄公の弟。襄公の死後異母兄の糾と位を争い,勝って即位すると,糾の臣管仲宰相に迎え,彼の富国強兵策を実施して斉を強国にした。また対外的には諸侯と同盟を結んでその盟主となり,周王をたすけて夷狄の侵入を退けるなど強い政治力を発揮し,春秋最初の覇者の地位を確立した(五覇)。しかし晩年になると驕慢な態度が諸侯の離反を招き,死は君位をめぐる諸公子の争いから内乱が生じるなど,斉の覇業は衰えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

桓公
かんこう
(?―前643)

中国、春秋時代の斉(せい)国の君主(在位前685~前643)。兄の襄公(じょうこう)の死後、異母兄の糾(きゅう)と位を争ったすえ、斉侯(せいこう)となった。鮑叔牙(ほうしゅくが)の推薦で、糾の臣下であった管仲(かんちゅう)を用い、その協力によって春秋の五覇の一人に数えられる有力君主となった。北方の異民族や楚(そ)の侵入から諸侯を救い、紀元前651年の葵丘(ききゅう)(河南省商丘市の西方)における会盟によって覇者の地位を確立した。その後も魯(ろ)の内乱平定に力を貸したり、邢(けい)、衛(えい)をそれぞれ場所を移して復興させたりした。内政面では富国強兵策を他国に先駆けて採用し、とくに手工業、商業の育成に努めた。しかし、やがて天子の儀礼である封禅(ほうぜん)を行おうとして諸侯から離反され、また、管仲の死後は、その遺言に背いて、かつて国外に追放した家臣を呼び戻したために、彼らに実権を奪われた。死後も斉国内の混乱によって、その遺体は2か月間も葬られることなく放置されたといわれる。

[太田幸男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐こう クヮン‥【桓公】
中国、春秋時代の斉の一五代の王(在位前六八五‐前六四三)。名は小白。管仲を登用して、富国強兵策を推進。侵入した北方民族を討ち、諸侯と同盟を結んで盟主となり、春秋五覇の第一として覇業を完成した。(━前六四三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桓公」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桓公の関連情報

関連キーワード

山背大兄王プラケーシン[2世]桓公[斉]山背大兄王委任桓 公書店の万引き被害タクシーの再規制食品ロス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation