@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桛木【カセギ】

デジタル大辞泉

かせ‐ぎ【×桛木】
桛(かせ)1」に同じ。
木の枝をYの字形に切ったもの。傾くものを支えたり、さおの先につけて、物を高い所へ押し上げたりするのに用いる。
紋所の名。図案化したもの。かせ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かせ‐ぎ【桛木】
〘名〙
① 紡錘(つむ)でつむいだ糸をかけて巻く工字形の木。織機に付属して、経(たていと)を巻いておくもの。かせ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 木の股(また)
※古今著聞集(1254)二〇「大猿ありければ、木に追ひのぼせて射たりけるほどに、あやまたずかせぎに射てけり」
③ 股のある木で作って、柱などが傾くのを支え、または物を高い所へ上げるのに用いるもの。かせ。
※康富記‐応永二五年(1418)七月三日「太神宮千木堅木のかせ木落云々」
④ 紋所の名。①を図案化したもので、角桛木、丸に桛木車などがある。かせ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桛木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桛木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation