@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桜井吏登【サクライリトウ】

デジタル大辞泉

さくらい‐りとう〔さくらゐ‐〕【桜井吏登】
[1681~1755]江戸中期の俳人。江戸の人。服部嵐雪師事。名を残すことを好まず、晩年句稿を焼却したといわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

桜井吏登 さくらい-りとう
1681-1755 江戸時代中期の俳人。
天和(てんな)元年生まれ。江戸の人。姉は初代深川湖十の妻花千(かせん)。服部嵐雪(らんせつ)の門にまなび,享保(きょうほう)17年嵐雪の別号雪中庵をつぎ,2代となる。編著「ぬかぶくろ」などを刊行したが,病弱のため隠棲。晩年,ほとんどの句稿を焼却させたという。宝暦5年6月25日死去。75歳。別号に李洞,人左,斑象。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

精選版 日本国語大辞典

さくらい‐りとう【桜井吏登】
江戸中期の俳人。別号李洞・人左など。江戸の人。服部嵐雪の高弟で、師の庵号を嗣ぎ二世雪中庵を称した。晩年、深川の北島に隠棲。名を残すことを好まず生涯の句稿などを焼きすてたと伝える。句集に「吏登句集」など。天和元~宝暦五年(一六八一‐一七五五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜井吏登」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桜井吏登の関連情報

関連キーワード

リスボン天和忠海ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争政治経済論マタラム

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation