@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桜島大根【サクラジマダイコン】

デジタル大辞泉

さくらじま‐だいこん【桜島大根】
ダイコンの一品種。桜島で栽培され、球形で大きく、3~5キロにもなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

桜島大根
平均的なサイズは胴回り約1メートル、重さ8キロほど。03年に取れた重さ31.1キロ、胴回り1.19メートルのものが世界最大の大根としてギネスブックに登録されている。大正時代は45キロのものが取れたという記録もあるという。
(2006-05-26 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉プラス

桜島大根
鹿児島県鹿児島市で生産されるダイコン。大きさは平均7~10kg、大きなもので20~30kgにもなる。世界最大種としてギネスブックにも登録された。肉質は緻密で柔らかく、甘みがあり、煮物にも生食にも向く。起源定説は不明だが、18世紀に既に栽培されていた記録がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さくらじまだいこん【桜島大根】
ダイコンの一品種。桜島原産。ダイコンとしては世界最大種。球形で、直径60センチメートルにも達する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

桜島大根[根菜・土物類]
さくらじまだいこん
九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
世界最大の大根として有名な桜島大根は、19世紀初頭から知られていた。当時は長太い形であった。現在のような球形になったのは、明治時代以降。栽培方法は個々の農家によって異なるが、おおむね8月下旬から9月上旬に播種がおこなわれる。桜島の火山灰土質や温暖な気候で元気に育った大根は、みずみずしく肉質のやわらかい甘みがある大根となる。根には、ビタミンCやジアスターゼなどの消化酵素が豊富に含まれる。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さくらじま‐だいこん【桜島大根】
〘名〙 ダイコンの栽培品種。日本で改良され鹿児島県桜島に特産する。根は球形または球状紡錘形で径五〇センチメートル、重さ一五キログラムに達する。漬物にする。《季・春》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜島大根」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桜島大根の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation