@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桜川慈悲成【サクラガワジヒナリ】

デジタル大辞泉

さくらがわ‐じひなり〔さくらがは‐〕【桜川慈悲成】
[1762~1833]江戸後期戯作者落語家。江戸の人。本名、八尾大助。通称錺屋(かざりや)大五郎。別号、芝楽亭(しばらくてい)。多芸多才で知られ、烏亭焉馬(うていえんば)とともに落語中興のとされる。黄表紙「天筆阿房楽」、咄本「三才智恵」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

桜川慈悲成 さくらがわ-じひなり
1762-? 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者,落語家。
宝暦12年生まれ。江戸の人。岸田杜芳(とほう)の門人となり,黄表紙「天筆阿房楽(てんひつあほうらく)」をはじめ滑稽(こっけい)本,噺(はなし)本を執筆。狂歌もよむ。また烏亭焉馬(うてい-えんば)とならび,江戸の落語中興の祖と称される。没年は天保(てんぽう)4年(1833)または10年といわれる。本名は八尾大助。通称は錺屋(かざりや)大五郎。別号に芝楽亭。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さくらがわじひなり【桜川慈悲成】
1762‐1833(宝暦12‐天保4)
江戸後期の戯作者,落語家。本名は八尾大助,通称は錺屋(かざりや)大五郎。親の慈悲成,芝楽亭(しばらくてい)などの別号がある。江戸の芝宇田川町の住。はじめ鞘(さや)師,のち陶器商になり,彫金もよくしたという。天明年間(1781‐89)岸田(桜田)杜芳(とほう)の門に入り,その死後桜川を名のる。黄表紙の作が最も多いが,《馬鹿長命子気(ばかちようめいしき)物語》(1791),《作者根元江戸錦(さくしやこんげんえどにしき)》(1800)などのほか見るべきものはない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さくらがわじひなり【桜川慈悲成】
1762~1833 江戸後期の戯作者・落語家。本名、八尾大助(大五郎とも)。通称、錺屋かざりや大五郎。茶道・絵画などにも通じ多芸多才。烏亭焉馬うていえんばとともに、落語中興の功労者。咄本「延命養談数」、黄表紙「天筆阿房楽」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

桜川慈悲成
さくらがわじひなり
(1762―1833)
江戸後期の戯作者(げさくしゃ)。本名八尾大助、通称錺屋(かざりや)大五郎。別に、親の慈悲成、芝楽(しばらく)亭、暫(しばらく)亭などと号した。江戸の芝宇田川町に住む鞘師(さやし)で、杉浦如泉門の金工であったが、のち陶器の販売に従事した。桜川(岸田)杜芳(とほう)に師事して戯作を始め、黄表紙『天筆阿房楽(てんひつあほうらく)』『作者根元江戸錦(にしき)』、噺本(はなしぼん)『滑稽好(こっけいこう)』『軽口噺』などのほか、滑稽本、合巻(ごうかん)にも筆をとったが、40年余に及ぶ長い作者生活のわりには佳作に乏しい。多芸で知られ、烏亭焉馬(うていえんば)とともに落語中興の祖として名高いが、焉馬が同好者を集めて噺の会を主宰したのに対し、慈悲成は得意の茶道や茶番狂言などをもって貴顕富貴の諸家に出入りし、幇間(ほうかん)的な生活の下に座敷芸としての噺を発展させた。その門下に桜川甚好・善好らの純然たる幇間が出、いまも幇間に桜川の名が伝わっていることが注目される。なお2代目は息子の大二郎が継いでいる。[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さくらがわ‐じひなり【桜川慈悲成】
江戸後期の戯作者、落語家。通称錺屋大五郎(かざりやだいごろう)。戯作者桜川杜芳(とほう)門下。江戸芝宇田川町に住み、多芸多才の江戸っ子。黄表紙、滑稽本、咄本(はなしぼん)などに筆をとり、滑稽を中心とした作風に見るべきところがある。黄表紙「馬鹿長命子気物語」、咄本「滑稽好(こっけいこう)」などがその代表作。宝暦一二~天保四年(一七六二‐一八三三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜川慈悲成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桜川慈悲成の関連情報

関連キーワード

ピョートル3世ルソー(Jean-Jacques Rousseau)ハーシェル桃園天皇グルックビュート伯ルソー後桜町天皇桃園天皇カラス事件

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation