@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桜川【さくらがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

桜川
さくらがわ
茨城県南東部,稲敷市北東部の旧村域。霞ヶ浦南岸にある。 1955年古渡 (ふっと) 村と浮島村が合体して桜川村が発足。 1956年阿波村を編入。 2005年江戸崎町,新利根町,町と合体して稲敷市となった。干拓による水田蓮田が多い。レンコンは浮島れんこんとして有名。北東の浮島は景勝地神宮寺,大杉神社の古社寺があり,広畑貝塚は国の史跡水郷筑波国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜川
さくらがわ
栃木県境の山地に発し,茨城県中西部の桜川市を経て筑波山地西麓を南流,つくば市を貫流し,土浦市の中心市街地を通って霞ヶ浦に注ぐ川。全長約 60km。常陸台地を刻んで浅い谷をつくり,流路に沿った帯状の水田を灌漑する。桜川市内にサクラ名所があり,国の名勝・天然記念物に指定されている。謡曲『桜川』で知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さくらがわ【桜川】[茨城県の市]
茨城県中西部、筑波山北麓にある市。霞ヶ浦に注ぐ桜川の上流域を占める。石材生産が盛ん。平成17年(2005)10月に岩瀬町・真壁町・大和村が合併して成立。人口4.6万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さくらがわ【桜川】[姓氏]
江戸後期に興った、江戸吉原幇間(ほうかん)の一。
桜川派」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さくらがわ【桜川】[謡曲]
謡曲。四番目物世阿弥作。のために自を人買いに売った桜子(さくらご)が、常陸(ひたち)桜川で物狂いとなっている母と再会する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さくら‐がわ【桜川】[茨城県の川]
茨城県南西部を流れる川。桜川市北部の高峰南麓の鏡ヶ池に源を発し、土浦市で霞ヶ浦に注ぐ。長さ63キロ。流域の水田地帯を灌漑(かんがい)する。上流の桜川市磯部は桜の名所。
茨城県中央部を流れる川。水戸市内で千波湖に沿い、那珂川に合流する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

さくらがわ【桜川】
岡山の日本酒蔵元は「黒田酒造」。現在は廃業は久米郡久米南町下弓削にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さくらがわ【桜川】
福島の日本酒。蔵元は「桜川酒造」。現在は廃業。蔵は伊達郡桑折町字北町にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さくらがわ【桜川】
栃木の日本酒。「花つくし」は精米歩合40%で仕込む大吟醸酒。ほかに純米吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒などがある。平成8、18、22、25、26年度全国新酒鑑評会金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水は鬼怒川伏流水。蔵元の「辻善兵衛商店」は宝暦4年(1754)創業。所在地は真岡市田町。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さくらがわ【桜川】
茨城の日本酒。酒名は、室町時代の世阿弥の謡曲「桜川」の舞台とされる地に流れる桜川にちなみ命名。大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒、普通酒がある。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「堀川酒造店」は明治18年(1885)創業。所在地は桜川市岩瀬。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

桜川
栃木県、株式会社辻善兵衛商店の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さくらがわ【桜川】
(1)曲名四番目物。狂女物。世阿弥作。シテは桜子の母(狂女)。九州日向に住む桜子の母のもとに,人買いの男(ワキヅレ)が尋ねて来る。母の貧窮を見かねた桜子が身売りをしたので,その代金と書置の文を届けに来たのだった。母は泣く泣く家を迷い出る。東国常陸の桜川では花が満開で,近くの磯部寺(いそべでら)の住職(ワキ)が弟子の少年(子方)を連れて花見に出かける。そこへすくい網を持った狂女(後ジテ)が来かかって,物狂いのていを見せ(〈カケリ〉等),水面に散りかかる花びらをすくい,桜は故郷の神,木花之咲耶姫(このはなのさくやびめ)の神木でもあり,わが子の名であるといって落花を惜しむ(〈クセ・網ノ段〉)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さくらがわ【桜川】
茨城県西部の市。南東部に筑波山・加波山などがあり、ほぼ中央を桜川が南北に流れる。石材を産出し、特に真壁地区の御影石が有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さくらがわ【桜川】
江戸後期に興った吉原の幇間ほうかんの苗字。戯作者桜川慈悲成じひなりの門弟甚好じんこう・善好ぜんこうが幇間として名乗る。のち一派をなして幇間といえば桜川をさすようになった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さくらがわ【桜川】
能の一。四番目物。世阿弥作か。貧窮のため身を売った少年桜子さくらごは、それを知って驚き悲しみ子を求めて故郷をさまよい出た母に、三年の後常陸ひたち国桜川のほとりで再会する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

桜川 (サクラガワ)
植物。フウロソウ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ゲンノショウコの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

桜川
(静岡県三島市)
静岡県のみずべ100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さくら‐がわ ‥がは【桜川】
[1] 〘名〙
① 桜の花びらを一面に浮かべている川。多く(二)(一)と掛けて用いる。
※心敬集(1468頃)「桜がはあさけの露の月をだに青葉にさそふ春の山かぜ」
② 川ぞいに桜の咲く川。
※狂歌・徳和歌後万載集(1785)四「さくら川枝も氷のはるまではとぢてひらかぬ波のはつ花」
③ (①より) 衣服の模様などで、流水に桜の散っているさまのもの。
※洒落本・通言総籬(1787)一「『大かなやの正月の仕着せはなんだっけの』『〈略〉角の玉屋はぼたんさ。松がねやがさくら川さ』」
④ 植物「げんのしょうこ(現証拠)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
※雑俳・柳多留‐九七(1828)「花に着た流れを売るは桜川」
⑥ 江戸時代、江戸芝宇田川町の山屋から販売されていた銘酒。天保(一八三〇‐四四)頃には浅草並木町の山屋からも販売。
※滑稽本・和合人(1823‐44)二「今朝山屋の桜川(サクラガハ)を取って置いたが肴(さかな)があるめへ」
[2]
[一] 滋賀県南部を流れる日野川(蒲生川)の上流をいう。佐久良川。一説に茨城県桜川(筑波川)のこととも。歌枕。
※後撰(951‐953頃)春下・一〇七「常よりも春べになれば桜河花の浪こそまなくよすらめ〈紀貫之〉」
[二] 東京都港区を流れていた川。赤坂方面から愛宕山付近を流れて、古川(赤羽川)に合流していたという。
[三] 茨城県の南西部を流れる川。筑波山地の西側のふもとを南流し、のち東南流して土浦市で霞ケ浦に注ぐ。上流の磯辺は謡曲「桜川」の舞台で、古くからサクラの名所。筑波川。
[四] 謡曲。四番目物。各流。世阿彌作。母の貧窮をみかねて人買いにわが身を売った桜子は、三年後の春に常陸国(茨城県)桜川で、狂女となってわが子の行方をさがしている母に再会する。
[五] 俳諧撰集。内藤風虎編。北村季吟序、松山玖也跋。延宝二年(一六七四)成立。四季類題別に作者数八一四名、計七〇三六句を収めた発句集。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さくらがわ さくらがは【桜川】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

桜川
さくらがわ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
寛文2.8(江戸・いにしへ座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜川
(通称)
さくらがわ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
薄雪今桜川
初演
宝永4(江戸・山村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桜川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation