@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桜間左陣【さくらまさじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

桜間左陣
さくらまさじん
[生]天保6(1835).11.18. 熊本
[没]1917.6.24. 東京
能楽シテ方。金春流。前名伴馬。細川藩に仕えた熊本の旧家桜間家の 17世。 21歳のとき,藩命により江戸に出て中村平蔵に学び,1879年再び上京,以後は東京で活躍宝生九郎梅若実とともに明治三名人といわれた。堅実,華麗なで,ことに『道成寺』の鐘入りと『邯鄲 (かんたん) 』の飛込みは名高い。 1911年 77歳のときに,祖父の名の左陣を継いだ。 15年 81歳で,御大典宮中祝宴能で宗家に代って『高砂』の前ジテをつとめて引退した。金春流中興のであり,子の弓川と2代にわたって卓越した芸風をもって流儀を支えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さくらま‐さじん〔‐サヂン〕【桜間左陣】
[1836~1917]能楽師シテ方金春流。前名、伴馬(ばんま)。熊本細川藩に仕えた桜間家の17代目。のち東京で活躍、明治三名人の一人に数えられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さくらまさじん【桜間左陣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さくらま‐さじん【桜間左陣】
能楽師。金春流。前名伴馬。熊本出身。細川藩の能役者で、明治初年藩主に従い東京に移り住む。宝生九郎・梅若実とともに明治の三名人と称された。当時衰えていた金春流の柱石として活躍。天保六~大正六年(一八三五‐一九一七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

桜間左陣 さくらま-さじん

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

桜間左陣
さくらまさじん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜間左陣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桜間左陣の関連情報

関連キーワード

ゴーゴリバルザックポー(Edgar Allan Poe)フランツゴーゴリ都市自治体法シャノアーヌズーフトムソンビーダー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation