@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桜鱒【サクラマス】

デジタル大辞泉

さくら‐ます【桜×鱒】
サケ科の海水魚。全長約60センチ。体形・体色ともにサケに似る。5~7月、川を上って産卵する。幼魚は1年半後に降海するが、そのときの体色は、本種の陸封(りくふう)型ヤマメと同じ。日本では日本海側と神奈川県以北の太平洋岸に回遊してくる。美味。本(ほん)鱒。鱒。 春》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

桜鱒 (サクラマス)
学名:Oncorhynchus masou
動物。サケ科の遡河性魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さくら‐ます【桜鱒】
〘名〙 サケ科の魚。全長六〇~七〇センチメートルに達する。春、桜の花の咲く頃に産卵のため海から川へさかのぼってくるのでこの名がある。産卵期は秋で、普通、河川で約四か月過ごした後に、上流の砂礫底に産卵する。孵化した稚魚は一、二年を川ですごし、のち、一部の個体は海に下りサクラマスとなる。海で満一か年をすごして再び生まれた川へもどる。地域により孵化した稚魚の一部またはほとんどの個体が淡水域に留まり、一生をそこですごす。これが陸封型で、ヤマメ(北海道・東北地方ではヤマベ)とよぶ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜鱒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桜鱒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation