@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

桝網【ますあみ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

桝網
ますあみ
漁具の一種。定置網建網(たてあみ))類に属し、垣網、多角形の身網(みあみ)とその角に取り付けた袋網で構成される。垣網に遭遇して身網へ誘導された魚群を袋網へ落とし入れ、袋網だけを引き上げて漁獲する趣向のものである。袋網には「かえし」をつけて入網魚の逃逸を妨げ、袋尻(じり)に取り付けた綱はテークルにより緩められるようにできている。したがって、揚網(ようもう)には袋尻綱を緩め、網口から引き上げて袋尻から漁獲物を取り出す。桝網には少人数で操業できる利点があり、内湾やごく沿岸に敷設される小型網が多いが、沖合いまで張り出し網船2艘(そう)、伝馬(てんま)船1艘を用い、数人で操業する大型網まで各種各様である。一般に、桝網、つぼ網とよばれ、角建網、ねずみ網、桝建網も桝網類に属する。桝網漁業は関東地方以西、とくに瀬戸内海に多く、おもな漁獲物はタイ、ボラ、サワラ、セイゴ(スズキ)、クロダイ、イカ、カレイ、コノシロ、イサキなどの沿岸性水族である。[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桝網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桝網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation