@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梁啓超【りょうけいちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

梁啓超
りょうけいちょう
Liang Qi-chao
[生]同治12(1873)
[没]1929
中国,清末~民国初期の啓蒙思想家,ジャーナリスト,政治家。広東省新会県の人。字は卓如。号は任公。名門の出で光緒 15 (1889) 年の挙人。康有為に師事して変法自彊運動に参加,『時務報』を発刊し,湖南変法運動を指導し,同 24年中央に登用されて,康有為を助けて変法を推進したが,失敗して日本に亡命 (戊戌の変法) 。日本では『清議報』『新民叢報』を発行して西欧近代思想を紹介し,『新民説』で中国人の自覚を主張し,青年知識人に大きな影響を与えた。孫文に接近したこともあるが,基本的には清朝の立憲君主制的改革を唱え,革命派機関誌『民報』と論戦を展開し,中国内地の立憲運動を指導した。辛亥革命後,帰国して袁世凱のもとで政治顧問となったが,袁の帝政には反対し,1915~16年の第3革命に参画した。のち段祺瑞内閣の財政総長。彼は啓蒙思想家として大きな寄与をしたが,後半生は,軍閥官僚との結合を強め,革命運動に反対する保守的存在となった。『清代学術概論』のほか,おもな論文は『飲冰室合集』『飲冰室文集』に収録されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょう‐けいちょう〔リヤウケイテウ〕【梁啓超】
[1873~1929]中国、末・民国の政治家・学者。広東省新会県の人。字(あざな)は卓如。号、任公。康有為師事し、戊戌(ぼじゅつ)の改革に参加したが、失敗して日本に亡命。辛亥(しんがい)革命後、帰国して立憲党を基盤に進歩党を組織。司法総長などを歴任「清代学術概論」など。リアン=チーチャオ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

梁啓超 りょう-けいちょう
1873-1929 中国の啓蒙思想家,政治家。
同治(どうち)12年1月26日生まれ。康有為に師事し,ともに光緒帝の政治改革をたすける。清(しん)末の政変で明治31年(1898)日本に亡命。辛亥(しんがい)革命後の1912年帰国し,袁世凱(えん-せいがい)政権にくわわるが,袁の帝政運動には反対した。のち清華大教授,北京図書館長。1929年1月19日死去。57歳。広東省出身。字(あざな)は卓如。号は任公。著作に「先秦政治思想史」「清代学術概論」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

りょうけいちょう【梁啓超 Liáng Qǐ chāo】
1873‐1929
中国,清末・民国初の政治家,啓蒙的ジャーナリスト,学者。字は卓如,号は任公,滄江,飲冰室主人(いんぴようしつしゆじん)など。広東省新会県の人。わずか17歳で郷試に合格して挙人となったが,翌1890年(光緒16)春の会試に失敗した。その秋,同郷の康有為の門に入り,従来の漢学(古文学)とは異なった今文学を学び,あわせて欧米の近代思想や仏教学にも接したことは,彼の思想に決定的な影響を与えた。それ以後,康有為の変法維新運動の有力な協力者となり,95年,康有為の最初の政治活動である〈公車上書〉を推進した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りょうけいちょう【梁啓超】
1873~1929 中国、清末・民国の学者・政治家。字あざなは卓如、号は任公。康有為に師事、戊戌ぼじゆつの変法自強運動では中心となって活躍したが、失敗し、日本に亡命。民国成立後は司法総長。著「清代学術概論」「先秦せんしん政治思想史」など。リアン=チーチャオ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

梁啓超
りょうけいちょう / リヤンチーチャオ
(1873―1929)
中国、清(しん)末民初のブルジョア改良主義者、学者。号は任公または飲冰(いんひょう)室主人。広東(カントン)省新会県の生まれ。師の康有為(こうゆうい)とともに変法自強運動をしたので「康梁」とよぶ。1896年、上海(シャンハイ)で『時務報』を主宰し「変法通議」を発表し、『西政叢書(そうしょ)』を編集し、ヨーロッパ学芸の紹介に努めた。翌1897年に長沙(ちょうさ)の時務学堂で講義し、変法自強運動を積極的に鼓吹した。1898年北京(ペキン)に行き、百日維新である戊戌(ぼじゅつ)の変法に参加。西太后(せいたいこう)らのクーデターで失敗し、日本に亡命した。日本では『清議報』、続いて『新民叢報』を編集し、立憲保皇の立場をとり、民主革命派からは批判された。しかし、ヨーロッパのブルジョア的な社会・政治・経済学説を紹介し、当時の知識階級にかなり大きな影響を与えた。辛亥(しんがい)革命後の1912年10月帰国し、立憲党を基盤に進歩党を組織し、袁世凱(えんせいがい)を擁護し袁政府の司法総長となった。その後、段祺瑞(だんきずい)と合作し、財政総長となり、五・四運動(1919)時期には打倒孔家店(儒教打倒)のスローガンに反対した。代表的著作は『清代学術概論』『中国歴史研究法』『先秦(せんしん)政治思想史』などで『飲冰室合集』『飲冰室文集』に収録されている。[山下龍三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょう‐けいちょう リャウケイテウ【梁啓超】
中国、清末・民国初期の政治家、思想家。号は任公。広東の人。康有為に師事し、立憲君主制を主張、戊戌(ぼじゅつ)の変法を行なったが失敗、日本に亡命した。東京では孫文らの同盟会と対抗して保皇会を作る。民国時代は司法総長などを歴任した。著「中国歴史研究法」「清代学術概論」など。(一八七三‐一九二九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梁啓超」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梁啓超の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎日本郵便制度史(年表)内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation