@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梁木【リョウボク】

デジタル大辞泉

りょう‐ぼく〔リヤウ‐〕【×梁木】
体操器具の一。高さ約4メートルの柱を2本立て、そのに横木を渡して、つり棒・つり輪・つりなどを取り付けたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

りょうぼく【梁木】
4メートルくらいの高さに梁はりのような木材を渡した体操用具。これにつり棒・つり縄・つり輪などをかける。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

梁木 (クロキビ)
植物。の品種

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょう‐ぼく リャウ‥【梁木】
〘名〙
① 棟(むね)とうちちがえに柱の上に渡して屋根を支える材木。はり。うつばり。
② (孔子が、自身の死を前にして「泰山其頽乎、梁木其壊乎、哲人其萎乎」と歌ったという「礼記‐檀弓上」に見える故事から) すぐれた人、明哲の人のたとえ。特に、「壊(やぶれ)る」「顛(くつがえ)る」「摧(くだけ)る」などの語を伴って、その死をいたむのに用いる。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「梁木摧矣 痛哉苦哉 松檟封閉 何劫更開」 〔陸機‐弔魏武帝文〕
③ 体操に用いる器械の一つ。地上に数メートルを隔てて高さ約四メートルの柱を二本立て、その柱の頂に横木(梁)を渡して、これにつり縄・つり輪・つり棒などをかけ、梁の両端にはしごをかけたもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梁木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梁木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation