@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梅干【うめぼし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

梅干
うめぼし
梅を塩漬にしたものを,土用の頃1度日に干しての果肉を軟らかくし,再び梅酢で漬けた保存食品。起源は不明だが,古来家庭の常備食品として,食用としてはもちろん,薬用としても食欲のない病人に利用される。なお,しそのを使って漬けるようになったのは江戸時代からといわれている。 (→漬物 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うめ‐ぼし【梅干(し)】
青梅塩漬けにし、赤ジソの葉を加えて色づけし、日に干してから漬け液に戻した保存食品。酸味が強く、古くから食品の防腐用などに重用。うめぼしづけ。
土用の日、塩漬けした青梅を日に干すこと。 夏》「―にすでに日蔭や一むしろ/碧梧桐

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

梅干
梅干とは梅の果実を塩漬けにした後に乾燥させ、シソの葉と一緒に梅酢に漬け込んだものです。 色は赤色をしており、柔らかい大粒のものからカリカリとした小粒ものまで種類は様々です。 味は酸っぱく、ご飯のお供として日本の食卓に多く登場します。特に紀州(和歌山県)の梅干は全国的に有名です。

出典:シナジーマーティング(株)

デジタル大辞泉プラス

梅干
三重県津市、刀根菓子館(菓子の館とね)が製造・販売する銘菓。梅肉羊羹で白餡を包んみ、砂糖をまぶしたもの。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うめ‐ぼし【梅干】
〘名〙
① =うばい(烏梅)〔医心方天養二年点(1145)〕
② 梅の実を塩漬けにし、取り出して日に乾かした後、紫蘇の葉を加えて漬け込んで作った保存食品。うめぼしづけ。うめほうし。《季・夏》
※庭訓往来(1394‐1428頃)「并初献料海月。熨斗鮑。梅干」
※俳諧・年浪草(1783)夏「梅漬 梅干 梅剥(むき)
③ (②が、しなびてしわが多いところから) 老人。うめぼしおやじ。うめぼしばば。
※雑俳・火燵びらき(1738)「梅ぼしが口のすいほど嫁そしる」
[語誌](1)当初薬用として使われたが、鎌倉時代に入って食品としても作られるようになり、特に禅宗の精進食として発達した。また、②の挙例の「庭訓往来」に見えるように、武家の饗応「椀飯(おうばん)」に添えられるようになる。
(2)一般庶民の間に浸透するのは江戸時代になってからで、紫蘇で赤く染めるようになるのは江戸時代の末頃からである。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅干」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梅干の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation