@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梅暦【ウメゴヨミ】

デジタル大辞泉

うめ‐ごよみ【梅暦】
《梅の花の咲くのを見て春を知るところから》梅の花。
「頃しも春の―、れんじに開く鉢植の、花の香かほる風寒み」〈人・梅児誉美
春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)」の略称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばい‐れき【梅暦】
梅のの咲くのを見てを知ること。また、そのの花。うめごよみ。
「山中の―、うかうかと精進の正月をやめて」〈浮・五人女・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うめ‐ごよみ【梅暦】
[1] 〘名〙 (春の来たことを知らせるように咲くところから) 梅の花。また、梅の咲くことによって春の来るのを知ること。梅の暦。ばいれき。《季・春》
※匠材集(1597)二「梅こよみ 梅にて春を知れば也」
[2] 為永春水作の人情本「春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)」の略称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばい‐れき【梅暦】
〘名〙 梅の花が咲くのを見て春を知ること。また、その梅の花。うめごよみ。
※浮世草子・好色五人女(1686)五「山中の梅暦(バイレキ)うかうかと精進の正月をやめて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

梅暦
うめごよみ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
嘉永4.3(大坂・若太夫芝居)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅暦
(通称)
うめごよみ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
梅暦辰巳園 など
初演
明治3.3(東京・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅暦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梅暦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation