@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梅津政景【うめづ まさかげ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

梅津政景 うめづ-まさかげ
1581-1633 織豊-江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)9年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の佐竹義宣(よしのぶ)につかえ,慶長7年出羽(でわ)久保田(秋田県)への転封(てんぽう)にしたがう。兄憲忠(のりただ)の死後家老となる。「梅津政景日記」は藩政のほか武士庶民の生活も記録した貴重な史料。寛永10年3月10日死去。53歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。通称は主馬。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

うめづまさかげ【梅津政景】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

梅津政景」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梅津政景の関連情報

関連キーワード

安土桃山時代(年表)梅津政景日記梅津政景日記沼垂梅津政景日記勝竜寺城伊賀者梅津政景日記ガリレイ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation