@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梅花【バイカ】

デジタル大辞泉

ばい‐か〔‐クワ〕【梅花】
梅の花。梅。
梅花の油」の略。
梅花方(ほう)」の略。
「―はなやかに…めづらしき薫り加はれり」〈梅枝

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もい‐か〔‐クワ〕【梅花】
《「もい()」は唐音》梅の模様。また、その模様を織った絹。〈日葡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばい‐か ‥クヮ【梅花】
〘名〙
① うめの花。
※懐風藻(751)侍宴〈大石王〉「淑気浮高閣、梅花灼景春」
※太平記(14C後)二九「梅花を一枝折て」 〔駱賓王‐代女道士王霊妃贈道士李栄詩〕
② 薫物の名。①の香を擬したという。沈香・占唐香・甲香・甘松香・白檀香・丁字香・麝香・薫陸香などを練り合わせて作る。六種(むくさ)の薫物の一つ。春に用いる。梅花香。梅花方。
※源氏(1001‐14頃)梅枝「はい花はなやかに今めかしう、少しはやき心しらひをそへて」
③ =ばいか(梅花)の油〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「とろり渡世も種油、ばいく・紙こしゑの油」
④ 風窓(かざまど)の作り方の一種。梅花形で、中心の釘をまわすと一弁ずつ開くように造ったもの。〔随・嬉遊笑覧(1830)〕
⑤ 楊弓・大弓などで銭を賭(か)ける時に五銭をいう隠語。おすが。〔随筆・一話一言(1779‐1820頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もい‐か ‥クヮ【梅花】
〘名〙 (「もい」は「梅」の唐宋音) 梅花の模様。また、その模様を織った絹。〔伊京集(室町)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うめ‐の‐はな【梅花】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅花」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梅花の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation