@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梅若実(1世)【うめわかみのる[いっせい]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

梅若実(1世)
うめわかみのる[いっせい]
[生]文政11(1828)
[没]1909
能楽師。観世流シテ方。輪王寺宮御用達鯨井平左衛門の子。梅若六郎氏暘の養子,前名亀次郎,六之丞,六郎。江戸城西丸奥詰。明治維新後,能楽衰亡のときに演能の努力を重ねて復興に努めた。 16世宝生九郎桜間左陣とともに明治三名人といわれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅若実(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梅若実(1世)の関連情報

関連キーワード

牧野省三宇田川榕菴ベルセリウス[各個指定]工芸技術部門ドラクロアカションサマーズツンベリーパークスフェントン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation