@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梅謙次郎【うめけんじろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

梅謙次郎
うめけんじろう
[生]万延1(1860).6.7. 松江
[没]1910.8.25. 京城(現ソウル)
明治時代の代表的私法学者。司法省法学校卒業。 1890年東京大学教授。民法典論争における断行派の代表的人物。 92年法典調査会委員となり,民法穂積陳重富井政章と,商法岡野敬次郎,田部芳と,不動産登記法を井上正一,田部芳とともに立案書『商法義解』 (2巻6冊,1890~93) ,『民法要義』 (5巻,96~1900) ,『民法原理』 (2巻,03~04) ,『最近判例批評』 (09) など。ことに『民法要義』は現在でもよく参照される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うめ‐けんじろう〔‐ケンジラウ〕【梅謙次郎】
[1860~1910]法学者。島根の生まれ。現行民法商法起草にあたった。法政大学創立。著「民法要義」「商法義解」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

梅謙次郎 うめ-けんじろう
1860-1910 明治時代の法学者。
万延元年6月7日生まれ。明治23年帝国大学教授。法典調査会委員として穂積陳重(のぶしげ),岡野敬次郎らと民法・商法を起草。文部省総務長官,和仏法律学校(現法大)校長などを歴任。39年韓国統監部の法律顧問。明治43年8月25日死去。51歳。出雲(いずも)(島根県)出身。司法省法学校卒。著作に「民法要義」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

うめけんじろう【梅謙次郎】
1860‐1910(万延1‐明治43)
法律学者。明治政府の行った各種の立法事業に参画したが,とくに現行民法典・商法典の起草者として重要な役割を果たし,また研究・教育を通じて日本の法律学形成の基礎を築いた。松江に生まれ,東京外国語学校を経て,1884年司法省法学校を首席で卒業し,翌年フランスのリヨン大学に留学,89年同大学より法学博士の学位を得た。翌年帰国し,直ちに帝国大学法科大学教授に任ぜられ,和仏法律学校(後の法政大学)学監を兼ねた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

梅謙次郎
うめけんじろう
(1860―1910)

明治時代の私法学者。松江(島根県)に生まれる。司法省法学校卒業後、1885年(明治18)東京大学教授となり、フランス、ドイツに留学後、民法、商法を講じた。また、和仏法律学校(法政大学の前身)の教授・学監を兼ねた。90年および92年の2回にわたる商法典と民法典の施行をめぐる法典論争において、民法施行延期論に反対し、即時断行を主唱し、フランス民法学の権威として自由主義的法学者の面目を発揮した。92年法典調査会委員となり、穂積陳重(ほづみのぶしげ)、富井政章(とみいまさあきら)とともに民法を、田部芳(たなべかおる)、岡野敬次郎とともに商法を立案起草した。『民法要義』『民法講義』『商法義解』などの著書があるが、それらは立法者の著述として、とくに『民法要義』は、フランス民法学に造詣(ぞうけい)の深い学者による当時唯一の注釈書として価値が高い。1906年(明治39)韓国統監伊藤博文(ひろぶみ)の招請により韓国法律顧問となり、韓国の法典編纂(へんさん)を助けたが、10年京城(けいじょう)(ソウル)で没した。

[戸田修三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うめ‐けんじろう【梅謙次郎】
法学者。法博。出雲(島根県)出身。司法省法学校卒。東京帝国大学教授、法制局長官を経て法政大学を創立。法典調査会委員となり、民法、商法の起草にあたる。主著「民法要義」「商法義解」。万延元~明治四三年(一八六〇‐一九一〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

梅謙次郎
うめけんじろう
1860〜1910
明治時代の法学者
松江藩出身。ドイツ・フランスに留学後東大教授となる。民法典論争ではフランス市民法の導入を主張しボアソナード案を支持復古主義穂積八束 (やつか) らと対立。1893年法典調査委員となり,民法・商法の編纂に従事した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅謙次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梅謙次郎の関連情報

関連キーワード

万延第二帝政ラトビアフランス史(年表)北京条約オランダ商館日記カニッツァーロ天津香港マイブリッジ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation