@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梅酒【うめしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

梅酒
うめしゅ
日本で古くから愛用されている果実酒焼酎に漬けて造るリキュール型 (混成酒) と酵母を用いる発酵型とがあるが,普通は前者をさす。 1962年の酒税法改正以来一般家庭でも多く造られるようになったが,家庭用としては,梅実 1kgと氷砂糖 1kgを焼酎 1.8lとともに広口のガラス瓶などの容器に入れ,密封保存して造る。砂糖はむりに溶かさずに徐々に溶かすようにしたほうが,梅実の香味が十分に溶出されて品質のよいものができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うめ‐しゅ【梅酒】
青梅焼酎(しょうちゅう)氷砂糖、またはみりんに漬けて造った果実酒。梅焼酎。うめざけ。ばいしゅ。 夏》「貯へておのづと古りし―かな/たかし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うめしゅ【梅酒】
ウメの実を砂糖とともに焼酎につけ込んだ果実リキュール。古くは〈うめざけ〉といった。能狂言の《餅酒》に〈のさかやゝ梅つぼの,の酒こそすぐれたれ〉とみえ,室町時代の京都で名をはせた柳酒屋銘酒が柳の酒(柳酒)と呼ばれていたことから,松の酒屋,つまり松酒屋というのもあったのではないかとみられる。また梅つぼは,単に松・柳の縁語が梅だからというので語呂合せにしただけではなく,梅酒の酒壺のことではないかと推察されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

うめざけ【梅酒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

飲み物がわかる辞典

うめしゅ【梅酒】

焼酎に青梅の実を氷砂糖とともに漬け込み、熟成させてつくる果実酒。独特の果実香と酸味がある。日本を代表するリキュールで、夏季の暑気払いや疲労回復に古くから親しまれてきた。アルコール度数は8~15度程度。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

梅酒
うめしゅ

ウメの実に焼酎(しょうちゅう)を加えて、その香味成分を浸出した日本古来の酒で、一種のリキュールである。

[秋山裕一]

作り方

ウメの実は、果肉が厚く、酸味が強く、色の鮮やかな固い新鮮なものがよい。青梅1.2キログラムをよく洗い、水をふきとり、5~6リットル入りの広口瓶に入れ、砂糖を上に入れる。砂糖は果実と同量にするのが標準的であるが、好みにより加減するのが楽しみの一つで、0.6~1キログラムぐらい使う。砂糖は氷砂糖かグラニュー糖を用いる。その上から35度(35%)の焼酎1.8リットルを注ぎ入れる。密封して冷暗所に置くが、ときどき静かに揺すって、砂糖を均一にする。2~3か月すれば飲めるが、1年ぐらい置くほうが、色もこはく色になり、香味もなれてよくなる。ウメの実は入れたまま長く置くと苦味が出てくるので、3か月ぐらいして取り出したほうがよい。実は食べる。砂糖を混ぜた焼酎に青梅を漬けておくと、ウメから酸味(主としてクエン酸)と香気が液汁にしみ出し、甘味と酸味の調和した酒ができあがる。成分はアルコール11~12%、酸量は0.2~0.3%で、さわやかな香味のために夏季の暑気払いに愛飲されている。昔から下痢止めなど家庭医薬としても用いられた。

 以前は家庭で梅酒をつくることは公には酒税法で認められていなかったが、1962年(昭和37)4月酒税法が改正され、ブドウ以外の果実と焼酎などを用いる自家製の果実酒の製造が公認された。

[秋山裕一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うめ‐しゅ【梅酒】
〘名〙 果実酒の一種。成熟した青梅の実を、砂糖を加えた酒や焼酎につけて作った加工酒。うめざけ。ばいしゅ。うめしょうちゅう。《季・夏》 〔本朝食鑑(1697)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅酒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梅酒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation