@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梓弓【アズサユミ】

デジタル大辞泉

あずさ‐ゆみ〔あづさ‐〕【×梓弓】
[名]
梓の木で作った弓。
梓巫女(あずさみこ)が用いる小さな弓。
[枕]弓に関係のある、「引く」「張る」「射る」「反(かへ)る」「寄る」「音」「本(もと)」「末(すゑ)」などにかかる。
「―末は知らねど」〈・三一四九〉
「―はるかに見ゆる山の端(は)を」〈拾遺・雑下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あずさゆみ【梓弓】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

梓弓
あずさゆみ

アズサとよばれる木でつくった丸木弓。アズサは木竹合成弓が考案される平安時代中期まで弓材として用いられ、『古事記』『万葉集』にその名がみられる。古くから枕詞(まくらことば)として使われ、弓の弦を引く、または張るところから「い」「いる」「ひく」「はる」、弓の部分名称から「もと」「すえ」「つる」、弓が反るところから「かえる」、矢を射る音から「や」「おと」などに冠せられる。

[入江康平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あずさ‐ゆみ あづさ‥【梓弓】
[1] 〘名〙
① アズサの木で作った丸木の弓。上代、狩猟、神事などに用いられた。「いる」の序詞としても用いられる。あずさの弓。あずさの真弓。
※古事記(712)中・歌謡「渡瀬に 立てる 阿豆佐由美(アヅサユミ)(まゆみ) い伐らむと 心は思へど〈略〉そこに思ひ出 愛(かな)しけく ここに思ひ出 い伐らずそ来る 阿豆佐由美(アヅサユミ)檀」
② あずさみこが、死霊や生霊を呼び寄せる時に鳴らす小さな弓。転じて、あずさみこをもいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
[2]
① 弓のつるを引く、または張るところから「い・いる・ひく・はる」にかかる。
※万葉(8C後)二・九八「梓弓(あづさゆみ)引かばまにまに依らめども後の心を知りかてぬかも」
② 弓の各部の名称から「もと・すゑ・つる」にかかる。
※万葉(8C後)一四・三四九〇「安都佐由美(アヅサユミ)末は寄り寝む現在(まさか)こそ人目を多み汝を端に置けれ」
③ 弓を引けば、弓の本と末とが寄るところから「よる」にかかる。
※万葉(8C後)一四・三四八九「安豆左由美(アヅサユミ)欲良(よら)の山辺の繁かくに妹ろを立ててさ寝処(ねど)払ふも」
④ 弓が反るところから「かへる」にかかる。
※二度本金葉(1124‐25)恋下「あづさ弓かへるあしたの思ひには引きくらぶべきことのなきかな〈藤原顕輔〉」
⑤ 矢を射ると、音が出るところから「や・音」などにかかる。
※万葉(8C後)二・二〇七「玉梓(たまづさ)の 使の言へば 梓弓(あづさゆみ)(おと)に聞きて 言はむ術(すべ) 為むすべ知らに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梓弓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梓弓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation