@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梟首【キョウシュ】

デジタル大辞泉

きょう‐しゅ〔ケウ‐〕【×梟首】
[名](スル)(ざんしゅ)した人の首を木にかけてさらすこと。また、その首。獄門

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうしゅ【梟首】
犯人の首を広く公衆に示す刑罰。さらし首。《日本書紀》崇峻即位前紀に叛将捕鳥部万(ととりべのよろず)の死骸を8段に斬り,8ヵ国に散梟(ちらしくしさす)せしめたとあるのが梟首関係史料の初見。大宝律,養老律では死刑に絞,斬の二等を設けただけで,梟首の規定はない。下って940年(天慶3)平将門の首を京に梟しており,以後,平忠常,安倍貞,源義親ら反乱の首魁や,京中の強盗等の重罪犯を梟首した事例が見られるが,病死した平忠常,自殺した藤原通憲(信西)の例でわかるように,梟首は斬罪付加刑ではなく,斬罪より重い独立の刑種であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

梟首
きょうしゅ

晒首(さらしくび)にすること。律にはみえていないが、古代から中世にかけて行われ、江戸時代には獄門(ごくもん)と称した。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐しゅ ケウ‥【梟首】
〘名〙
① 斬罪(ざんざい)に処した罪人の首を木にかけてさらすこと。また、その首。鎌倉時代以降、獄門ともよばれた。梟示(きょうじ)。竿首(かんしゅ)。さらしくび。
※明月記‐治承四年(1180)五月二六日「賊徒多梟首」
② 江戸時代、死刑の種類の一つ。さらし首。
※俳諧・水馴棹(1705)「将門が梟首昼迚日は瞽ず」 〔崔寔‐政論〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

梟首
きょうしゅ
獄門」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梟首」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梟首の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation