@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梵天【ぼんてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

梵天
ぼんてん
仏教の守護神。色界の初禅天にあり,衆天,梵輔天,大梵天の三つがあるが,普通は大梵天をいう。もとはインド神話のブラフマーで,インドラ帝釈天)などとともに仏教守護神として取り入れられた。密教では十二天の一つ。法隆寺金堂塑像,東大寺法華堂(三月堂)の乾漆像など天平時代の名作があり,密教像では四面四臂に表され作品も多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼん‐てん【梵天】
《〈梵〉Brahmanの訳。「ぼんでん」とも》

古代インドで世界の創造主、宇宙の根源とされたブラフマンを神格化したもの。仏教に取り入れられて仏法護持の神となった。色界の初禅天の王。十二天・八方天の一。ふつう本尊の左に侍立する形で表され、右の帝釈天(たいしゃくてん)と相対する。梵天王(ぼんてんのう)。大梵天王
《「梵土天竺(ぼんどてんじく)」の略》インドの異称。

仏語。色界の初禅天。大梵天・梵輔天・梵衆天の三天からなり、特に大梵天をさす。淫欲を離れた清浄な天。
修験者祈祷に用いる幣束(へいそく)
大形の御幣の一。長い竹や棒の先に、厚い和紙や白布を取り付けたもの。神の依代(よりしろ)を示す。 新年》
棒の先に幣束を何本もさしたもの。魔除けとして軒などにさした。
延縄(はえなわ)刺し網などの所在を示す目印とする浮標のこと。
梵天瓜」の略。
耳かきの端についている、球状にした羽毛。細かな耳あかを払うためのもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

梵天 ぼんてん
仏教の守護神。
もとは古代インドのバラモン教,ヒンズー教の主神ブラフマンで,シバ神,ビシュヌ神に準ずるとされる。仏教では帝釈(たいしゃく)天と対になって釈迦(しゃか)に随侍し,須弥壇(しゅみだん)に安置される。密教では十二天の一つとされる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ぼんてん【梵天】
ヒンドゥー教の主神の一つ。サンスクリットのブラフマーBrahmāの音訳。ウパニシャッド思想の最高原理ブラフマン(梵,中性)を神格化したもので,ブラフマーはその男性主格形である。ブラフマーは造物主とされ,仏教の起した頃には,世界の主宰神,創造神と認められるようになった。宇宙は〈ブラフマンの卵(梵卵)〉と呼ばれ,ブラフマーはその宇宙卵を二つに割って,天と地を創ったとされる。シバビシュヌ両神信仰が高まるにつれ,ブラフマーの地位は下がり,両神のうちのいずれかの影響力のもとに宇宙を創造するにすぎないとみなされるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぼんてん【梵天】
神の依代(よりしろ)となる布製の大きな作り物,御幣。その名称は仏教語に由来するとされる。修験者や行者は御幣,幣帛,幣束などを梵天とよぶこともある。〈ぼんてん〉は元来神の占有標であるホデと深いかかわりをもつ語と考えられ,祭礼では神霊の依代,神座とされている。東北地方には,大きな梵天を作って神社に奉納する梵天奉納祭が行われる。秋田県横手市の旭岡山(あさひおかやま)神社(2月17日),秋田市赤沼の太平山三吉神社(2月17日)などで,いずれも神社の前の石段にくると,各梵天は互いに争って石段をかけのぼり,最初に梵天を奉納した者にはその年幸運がさずかるといわれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼんてん【梵天】
ぼんでんとも
○ Brahma 色界の初禅天の王。本来はバラモン教で根本原理を人格化した最高神であったが、仏教に取り入れられて正法護持の神とされる。大梵天。梵王ぼんおう。梵天王ぼんてんおう。婆羅門バラモン天。 → ブラフマン
の住む天。色界の初禅天。
ほての転か 御幣ごへい。幣帛へいはく。頭屋とうやの標識にしたり、神幸や山伏の峰入り行列の先頭に立てたりする。梵天祭として2月16、17日に秋田県横手市で行われるものなどが有名。 [季] 春。
漁具につける浮標。延縄はえなわや流し網などにつけるガラス球の類。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

梵天
ぼんてん
サンスクリット名ブラフマンbrahman。古代インドの紀元前6、5世紀ごろに姿を現した神。元来ブラフマンとは音声、言語に秘められる呪力(じゅりょく)で、これがしだいに万物をつくりだす創造力とされ、ついには宇宙万物の根本原理となった。これが神格化されて創造神たる梵天となったもので、しばしばブラフマーbrahmと記される。ヒンドゥー神話では宇宙を維持するビシュヌ神、破壊をつかさどるシバ神とともに三大神とされるが、この二神と異なり、実際に神祠(しんし)に祀(まつ)られて崇拝されることはまれである。妃は知慧(ちえ)と学問、ないし雄弁と音楽の神たるサラスバティー女神(弁才天)である。仏教では帝釈天(たいしゃくてん)とともに護法の神とされ、釈尊に説法を勧めたりする。また密教では十二天の一つとされる。日本における作例では法隆寺金堂の塑像、東大寺三月堂の乾漆像、唐招提(とうしょうだい)寺の木像は名品として知られる。密教像では東(とう)寺(教王護国寺)講堂の木像、京都国立博物館蔵「十二天画像」(東寺旧蔵)中の梵天像などがある。[奈良康明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

梵天 (ボデン・ボンテン)
植物。真桑瓜の品種。ボンデンウリの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼん‐てん【梵天】
[1] (Brahman の訳。古くは「ぼんでん」とも)
[一] インドの古代宗教で、世界の創造主として尊崇された神。古代インド思想で宇宙の根源とされるブラフマンを神格化したもの。仏教にはいって色界(しきかい)の初禅天(しょぜんてん)に住する仏教護持の神となった。十二天、八方天の一つで、帝釈天と対をなすことが多い。大梵天王。梵天王。
[二] (「梵土」「天竺」の意から) インドの称。
※正法眼蔵(1231‐53)陀羅尼「人事の言は、〈略〉梵天より相伝せず、西天より相伝せず、仏祖より正伝せり」
[2] 〘名〙
① 仏語。色界の初禅天の総称。大梵天・梵輔天・梵衆天の三天があり、大梵天は初禅天の王、梵輔天は家臣、梵衆天は一般庶民に当たる。
※霊異記(810‐824)中「母、子を慈び、因りて自から梵天に生まる」 〔旧唐書‐天竺国伝〕
② 修験道(しゅげんどう)で祈祷に用いる幣束(へいそく)
※歌謡・落葉集(1704)七・三瀬川「此は卯月といふしでの、ぼんでんすごく立てならに」
③ 棒の先から御幣を垂れ下げたもの。ほて(占有標)の意が梵天の語と結びついたもので、神の依代(よりしろ)を示す。秋田県その他で、杉丸太に火消のまとい状のものを土地の神社にかつぎ込む梵天奉納祭がある。《季・新年》
④ 幣束を棒の先に多く刺したもの。江戸市中で、端午(たんご)の節供に町々の若者が多く作り、山伏を大勢雇いほら貝を吹かせ、家々に配って魔除けとして軒にささせたもの。
⑤ 江戸時代、風神、悪魔、虫などを追い払うための一種の幣束。飛脚などの往来や参宮に持参するほか、祭礼の際に振りながら持って歩いたり、村境に建てたりする。
※談義本・檠下雑談(1755)三「ぼんでんを以て、村中の者の首を撫」
⑥ 近世、劇場正面入り口の屋上に設けた櫓(やぐら)の左右に立てた二本の招(まねき)。梵天王をまつり、官許のしるしとしたもの。〔歌舞妓事始(1762)〕
⑦ 武具。指物の一種。
⑧ 漁具の所在を示す標識。延縄(はえなわ)・刺網漁業で用いる。一般に「ぼんでん」という。
⑨ 魚などをさした串を何本も突き立てる巻藁。幣束の形に似ているところからの名称。魚などの保存や乾燥、また場所をとらぬために広く利用された。弁慶。
※雑俳・川柳評万句合‐天明五(1785)信五「ぼんてんに魚をさしとくけちな茶や」
※御湯殿上日記‐天文四年(1535)六月二〇日「御いままいりよりほんてんまいる」
⑪ はたき。ちり払い。
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉二「東京でいふハタキを松山にてはボンデン又はゴミハライといひしが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梵天」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梵天の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation