@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梵志【ぼんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

梵志
ぼんじ
brāhmana
婆羅門と音写。「梵」は清浄の味。婆羅門は清浄な修行をし,宇宙の最高原理であるブラフマン brahmanを志求して,梵に生れようと志すものであるから,梵志という。また,四住期の学生期にある婆羅門を特にさす場合があり,婆羅門の学生一般を梵志ということもある。 (→バラモン )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぼんし【梵志】
ぼんじとも。梵(ブラフマン)を志す者の意
バラモンの別名。
転じて、バラモン階級出身の僧。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼん‐し【梵志】
〘名〙 (「ぼんじ」とも。宇宙最高の原理である梵を志す者の意) バラモンの別称。また、その族から出た僧。
※本朝文粋(1060頃)一二・為僧正覚慶答大宋国奉先寺和尚牒〈大江匡衡〉「梵志之求道十二年。師逾二十年

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梵志」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梵志の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation