@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

梶原景時【かじわらかげとき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

梶原景時
かじわらかげとき
[生]?
[没]正治2(1200).1.20. 駿河,狐崎
鎌倉時代初期の相模国の武将。治承4 (1180) 年石橋山の戦い平氏方として大庭景親に従い出陣したが,れて逃れる源頼朝を救い,以後頼朝に仕えた。頼朝と義経との不和が決定的となったのは,景時の中傷によってであるが,この種の行為がのち彼自身の命とりとなる。頼朝存命中は信任を得て,鎌倉幕府侍所所司,厩別当などを歴任した。頼朝の死後結城朝光を景時が讒言したとの風聞に,朝光は三浦義村和田義盛らと協議して逆に景時糾弾の趣意書を提出した。このため景時は鎌倉追放され,上洛の途中,駿河狐崎で討たれた。歌舞伎石切梶原』でも有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かじわら‐かげとき〔かぢはら‐〕【梶原景時】
[?~1200]鎌倉前期の武将通称、平三。石橋山の合戦源頼朝を救い、のち、侍所(さむらいどころ)所司となった。頼朝死後、幕府に背いて討伐を受け、一族とともに戦死

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

梶原景時 かじわら-かげとき
?-1200 平安後期-鎌倉時代の武将。
石橋山の戦いで平氏側に属しながら源頼朝の危急をすくい,頼朝の信任をえる。源義仲や平氏の追討にくわわり,平氏滅亡後,源義経を讒訴(ざんそ)して失脚させた。侍所所司,厩(うまやの)別当などを歴任。正治(しょうじ)元年結城朝光(ゆうき-ともみつ)を言して御家人の弾劾(だんがい)にあい失脚。謀反をくわだて,正治2年1月20日駿河(するが)(静岡県)で一族とともに敗死した。相模(さがみ)(神奈川県)出身。通称は平三。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かじわらかげとき【梶原景時】
?‐1200(正治2)
鎌倉初期の武将。相模国鎌倉郡梶原の住人。父は景清とも景長ともいう。1180年(治承4)石橋山の戦で平家方ながら源頼朝を救う。翌年頼朝に近仕するようになり侍所所司となる。また83年(寿永2)平広常を謀殺する功を立てた。84年(元暦1)源義経らとともに上洛,木曾義仲を討ち,さらに西海へ平氏を追討して活躍。同年土肥実平とともに山陽道5ヵ国の軍政官に就き,以後播磨,美作の守護となる端緒をつかんだ。和田義盛より侍所別当の座を奪い,頼朝の意を体し御家人の非違を厳しく糾弾して将軍権力の重要な手足となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かじわらかげとき【梶原景時】
?~1200 鎌倉初期の武将。通称平三。石橋山の戦いで源頼朝を救って重用された。弁舌に巧みで、源義経を讒ざんして失脚させ、のち頼家に結城朝光を讒したが、三浦義村らの弾劾を受けて鎌倉を追放、狐崎で子の景季とともに戦死。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

梶原景時
かじわらかげとき
(?―1200)
鎌倉初期の武将。通称は平三(へいぞう)。相模(さがみ)国(神奈川県)の豪族鎌倉氏の流。父は景清(かげきよ)(一説に景長(かげなが))、母は横山党小野孝兼(たかかね)の女(むすめ)。1180年(治承4)8月、石橋山(いしばしやま)の戦いでは平氏方の大庭景親(おおばかげちか)の手に属して参戦したが、源頼朝(よりとも)に内応しその危機を救った。また「文筆に携わらずと雖(いえど)も言語を巧みにするの士也(なり)」(『吾妻鏡(あづまかがみ)』)と評され、服属後は頼朝の信任を得、鎌倉殿(どの)(頼朝)側近の武将として活躍した。82年(寿永1)頼家(よりいえ)誕生の儀を奉行(ぶぎょう)、翌年には頼朝の密命により上総介広常(かずさのすけひろつね)を殺害、さらに平氏追討戦では軍奉行(いくさぶぎょう)として西上、この間、「逆櫓(さかろ)」の献策をめぐって源義経(よしつね)と対立を生じたといい、ついには彼を失脚に追い込んだ。84年(元暦1)播磨(はりま)、美作(みまさか)の守護に任じられ、西国にも勢力を築く一方、侍所所司(さむらいどころしょし)、厩別当(うまやべっとう)など幕府の要職につき、のちには和田義盛(よしもり)より侍所別当の職を奪い、御家人(ごけにん)統制の中心として敏腕を振るった。景時の立場は「鎌倉ノ本体ノ武士」(『愚管抄(ぐかんしょう)』)と称揚されたが、北条氏をはじめ有力御家人(ごけにん)の反感も強く、頼朝死後の99年(正治1)10月20日、ついに失脚して鎌倉を退去、翌年正月、源氏将軍の同族武田有義(ありよし)を擁立して幕府に対抗しようと西上の途中、駿河(するが)国清見関(きよみがせき)(静岡市)で阻止され、付近の狐崎(きつねがさき)に一族もろとも戦死した。[杉橋隆夫]
『安田元久著『鎌倉幕府 その政権を担った人々』(1971・新人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かじわら‐かげとき【梶原景時】
鎌倉初期の武将。景清の子。通称、平三。石橋山の戦いでは平氏に従ったが、源頼朝の危急を救ったことから頼朝に信任され、侍所所司となる。源義経を讒言(ざんげん)して退け、頼朝の死後も結城(ゆうき)朝光を讒言したが、かえって失脚し、追放され、駿河狐崎で戦死。正治二年(一二〇〇)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

梶原景時
かじわらかげとき
?〜1200
鎌倉初期の武将
景清の子。初め平家方に属したが,石橋山の戦い(1180)で源頼朝を救ったことから頼朝の信任を得た。侍所所司・厩別当となり,頼朝死後も有力御家人として幕政の合議に参加。性来機敏で弁舌巧みであったが,'99年結城朝光を讒してかえって有力御家人の反感をかい謀反人とされ失脚。その後武田有義を将軍に擁して幕府に対抗しようとしたが,翌年追討軍のため一族とともに討死した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梶原景時」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梶原景時の関連情報

関連キーワード

インド哲学デンマーク文学度量衡明治大学オフィシャルグッズ(文房具)立教大学ラッシャーズグッズ関西学院大学グッズWikiLeaksUXGAWUXGA家庭内暴力

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation