@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

棒受網【ぼううけあみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

棒受網
ぼううけあみ
敷網一種正方形または長方形上辺に向竹 (むかいだけ) や浮子 (あば) をつけて水面に支え,網の下辺に沈子 (いわ) をつけ,沈子と舷側を引上げでつないでおく。網の下辺は上辺よりも船側になるように沈める。全体が袋状になっており,水面の網の上辺は,船首船尾から各1本の張出し竹を渡して向竹の両端につなぐ。棒受網は海面表層に敷き,位置を固定せず自由に漂流する船から張出させ,一隻の漁船で操業できるので,敷網中唯一の遠洋性漁具として産業的にも重要である。対象魚種はさんま,あじ,さばいわし白子など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼううけあみ【棒受網】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼうけあみ【棒受網】
小形の浮き敷き網。方形の網の一辺に浮子を兼ねた竹竿(向竹むこうだけ)を付け、反対側を海中に幕状に垂らし、集魚灯などで魚を誘って網の裾を揚げて捕る。ぼけあみ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼけあみ【棒受網】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

棒受網
ぼううけあみ
浮敷網の一種。形状は方形か長方形であって、その上辺は、浮子(あば)として使用するモウソウチク(向竹(むこうだけ)とよぶ)に結着されて水面に支えられ、網はこの浮子方から海底方向に垂れ下がり、下辺に沈子(ちんし)と分銅がつけられる。この沈子方から引揚綱の6~7本が舷側(げんそく)に導かれている。網の両側には1本ずつ張出し竹が船から向竹の両端に向けてつけられる。この左右の両縁には手綱がつけられるか、環がつけられていて、揚網(ようもう)のときこの手綱か、環綱(かんづな)を締めて両側から魚の逃走を防いでいる。集魚灯または撒餌(まきえ)で十分魚が網の上にきたときに沈めてある沈子方にとりつけた6~7本の引揚綱を急に引き揚げて魚群をすくいとる。サンマ、アジ、サバ、イワシ、シラス、イカナゴなどの棒受網がある。
 現状では、棒受網漁業による漁獲のほとんどがサンマ棒受網漁業によるもので、2010年度(平成22)の「農林水産年報」においては他の漁業は省略され、この漁業のデータしか記載がない。このようにサンマ棒受網漁業は、サンマをとるうえで重要な漁業である。この漁業は大きく分けて、総トン数10トン以上の漁船によりサンマをとる指定漁業の北太平洋サンマ漁業と、10トン未満の漁船による知事許可漁業がある。このうち北太平洋サンマ漁業の操業期間は、サンマの索餌(さくじ)のための北上魚群および産卵のための南下魚群が形成される8月1日から12月31日までと限定されているため、サケ・マス流し網漁業等との兼業船も多い。また、サンマの漁場は年ごとに海流などによって変わるが、大体、漁期初めの8~9月は歯舞(はぼまい)・色丹(しこたん)沖、8~10月に道東沖で操業し、10~11月ころ三陸沖に南下、11~12月ころには房総(ぼうそう)半島沖まで南下して操業し、これに応じて主要水揚げ港も道東~三陸~房総等と推移する。
 2011年1月1日時点のサンマ漁業の大臣許認可隻数は184隻であった。また、2009年の漁獲量は約31万トンとなっている。[三浦汀介]
『野村正恒著『最新 漁業技術一般』(2000・成山堂書店) ▽農林水産省大臣官房情報課編・刊『平成22年度 農林水産省年報』(2011)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼううけ‐あみ【棒受網】
※風俗画報‐二五四号(1902)産業「島民の使用する網罟(まうこ)はタカベ網(敷網)蝦網(刺網)棒受網(バウウケアミ)のみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼうけ‐あみ【棒受網】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼけ‐あみ【受網】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棒受網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

棒受網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation