@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

棘鰭類【きょっきるい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

棘鰭類(きょっきるい)
きょっきるい
[学]Acanthopterygii
硬骨魚綱Osteichthyes、条鰭(じょうき)亜綱Actinopterygii、新鰭区Neopterygii、真骨亜区Teleostei、正真骨下区Euteleostei、棘鰭上目に属する魚類の総称。普通は背びれや臀(しり)びれの前部に棘条(きょくじょう)があること、腹びれが原則として1本の棘条と5本の軟条から形成され、胸部に位置すること、上顎(じょうがく)の縁にある骨は可動し、口を伸出させることができることなどの特徴を有する一群である。「きょくきるい」とも読む。海水魚の大部分が含まれ、進化の程度が高いグループで、ボラ類を下位に、フグ類を頂点に置いている。分類学上の段階は研究者により同一ではないが、現在では上目superorderとして扱われる。棘鰭上目はボラ目だけを含むボラ系、トウゴロウイワシ目、ダツ目、カダヤシ目を含むトウゴロウイワシ系、およびカンムリキンメダイ目、キンメダイ目、マトウダイ目、トゲウオ目、タウナギ目、カサゴ目、スズキ目、カレイ目、フグ目の9目を含むスズキ系の3系に分かれる。これら13目のなかに267科、約1万5000種を配置する。このうちボラ目は1科だけであるが、スズキ目は飛び抜けて多くて160科を含み、全体の約60%にあたる。一方、本上目をカンムリキンメダイ系、キンメダイ系、マトウダイ系、タウナギ系、トゲウオ系、ボラ系、トウゴロウイワシ系、およびスズキ系の8系に分類する研究者もいる。[落合 明・尼岡邦夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棘鰭類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

棘鰭類の関連情報

関連キーワード

硬骨魚類真骨類条鰭類腕鰭類円鱗類狭鰭類原棘鰭類骨鰾類新鰭類正真骨類

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation