@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

棚卸資産【たなおろししさん】

デジタル大辞泉

たなおろし‐しさん【棚卸資産】
企業が販売または加工目的として保有する資産で、商品・製品・半製品・原材料・仕掛品など。流動資産に属する。
[補説]評価基準として、以前は原価法低価法の選択適用が認められていたが、会計基準改正により平成20年度(2008)から低価法に一本化された。取得原価の評価方法としては、個別法先入先出法・平均原価法・売価還元法などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

棚卸資産
販売活動や一般管理活動により消費される費用性資産のことを棚卸資産といいます。具体的には、のようなものをいいます。1.商品・製品 2.仕掛品・半製品 3.原材料・工場消耗品 4.事務用消耗品卸資産の取得原価は購入代価に付随費用を加えたものに、値引きや割戻しを加味して計算します。また、棚卸資産のうち当期売上原価は「売上数量×払出単価」により計算することができます。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

世界大百科事典 第2版

たなおろししさん【棚卸資産】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たなおろししさん【棚卸資産】
商品・原材料・製品・半製品・仕掛品など、直接または加工されて、収益獲得のために用いられるもの。棚卸しによって価額が評価される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

棚卸資産
たなおろししさん
inventories
(1) 販売のために他から仕入れた商品や自社生産した製品,(2) 販売を目的として生産途中にある半製品や仕掛かり品,(3) 生産のために短期間のうちに消費される原材料や貯蔵品,(4) 販売と管理の活動で消費する消耗品などを棚卸資産という。通常,決算ごとに棚から卸して実地調査が行われることからこの名で呼ばれる。このうち商品と製品は,その期首残高に当期仕入高,または完成品の製造原価を加え,そこから期末残高を差引いた金額が売上原価となることから利益計算において特に重要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

棚卸資産
たなおろししさん
inventory assetsinventories
流動資産に属するものであって、棚卸という行為によってその有高が確定される費用性資産であり、商品や製品がその典型である。実務上は、次の四つのものを棚卸資産としている。
(1)通常の営業過程において販売するために保有する財貨または用役(商品や製品)。
(2)販売を目的として現に製造中の財貨または用役(半製品や仕掛品)。
(3)販売目的の財貨または用役を生産するために短期間に消費されるべき財貨(原材料や貯蔵品)。
(4)販売活動および一般管理活動において短期間に消費されるべき財貨(事務用消耗品)。
 会計上の資産の分類は、資産の外形ではなく、資産を所有している企業において果たしている機能によって行われる。したがって、たとえば不動産売買業者が販売目的で保有している土地・建物、証券業者が販売目的で保有している有価証券は、棚卸資産である。
 棚卸資産については、適正な期間損益計算の観点から費用配分が行われる。棚卸資産の取得原価のうち、当期に販売された商品に対応する部分が当期の売上原価に計上され、未販売の商品に対応する部分が棚卸資産として次期に繰り越される。ただし、棚卸資産については、低価基準が強制されるので、期末の正味実現可能価額と取得原価を比べて低いほうの価額で評価され、評価損は当期の損失に計上されることになる。[万代勝信]
『平敷慶武著『棚卸資産会計研究』(2003・税務経理協会) ▽松尾絹代著『ほんとうにわかる 棚卸資産会計の実務』(2008・日本実業出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たなおろし‐しさん【棚卸資産】
〘名〙 棚卸によって数量、価額が評価される資産。商品、製品、原材料、仕掛(しかかり)品、消耗品など。流動資産に属する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棚卸資産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

棚卸資産の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation