@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

棚段塔【たなだんとう】

世界大百科事典 第2版

たなだんとう【棚段塔 plate column】
蒸留または吸収を行う内部に一定の間隔で棚段を設けて気‐液接触を行わせるようにしたもの。蒸留の場合には工業的に最も多く用いられている。棚段(段板,プレートまたはトレーともいう)には蒸気またはガスが通過するがあり,棚段上に液をためるための堰および下の棚段へと液を流下させる液降下部(ダウンカマー)が設けられている。最も簡単な棚段は円形の孔(普通は径数mm)を多数あけた図のaのような多孔板であるが,多く用いられているのは図のbのような構造の泡鐘段(バブルキャップトレー)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

棚段塔
たなだんとう
plate towertray column
内部に一定間隔を置いて多数の棚段を設けた塔で、液‐ガス間または液‐液間の接触をよくし、異相間の物質移動を階段的に行う装置で、単に段塔ともいう。蒸留、ガス吸収あるいは液‐液抽出操作に広く用いられる。ガス、蒸気あるいは軽い液は塔の下方から入り、各棚段上の液と接触を繰り返しながら上昇し、液は上方より下降管あるいは間隙(かんげき)を通って塔内を流下する。もっとも普通に使われるのは、泡鐘塔(ほうしょうとう)や多孔板塔(目皿(めざら)塔ともいう)であるが、新しい形状の棚段もいろいろ考案されている。棚段塔はつねに液が棚段上にたまっており、液‐ガス、液‐液の接触が十分で効率がよく、操作も安定である。ただ充填塔(じゅうてんとう)に比べて高価であることと、圧損失が大きい欠点がある。[大竹伝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

棚段塔
たなだんとう
段塔」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棚段塔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

棚段塔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation