@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

森吉山【もりよしざん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

森吉山
もりよしざん
秋田県中北部にある火山標高 1454m。北秋田市東部八幡平 (1613m) 西方に位置し,楯状火山型のなだらかな火山で,那須火山帯出羽山地に属する。森吉山を中心とする一帯森吉山県立自然公園に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もりよし‐ざん【森吉山】
秋田県北部にある山。奥羽山脈出羽山地のほぼ中間にあり、那須火山帯に属する楯状火山。標高1454メートル。外輪山外側かって深い浸食谷が形成される。クマゲライヌワシなど稀少鳥獣の生息地で、県立自然公園・国の鳥獣保護区に指定されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もりよしざん【森吉山】
秋田県中部の複式火山。〈もりよしやま〉ともいう。標高1454m。中央部に直径約3kmのカルデラを有し,南側に中央火口丘の向(むかい)岳が噴出し,カルデラ内はその溶岩で埋積されている。火口縁西部に前岳(1308m),一ノ腰(1265m)があり,東部に側火山のヒバクラ岳(1326m),立(りゆう)が森(1031m)がある。外輪山外側は緩傾斜で,北西部は火口瀬の連瀬,南東部は打当内(うつとうない)沢による浸食が進むが,全体的には山体の開析は緩慢である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

森吉山
もりよしざん

秋田県中北部、北秋田市の森吉地区と阿仁(あに)地区の境界にある山。標高1454メートル。出羽山地(でわさんち)北部に位置する楯状火山(たてじょうかざん)。頂上に直径約3キロメートルのカルデラがある。第一次旧火口は馬蹄(ばてい)形に北方に開き、連瀬(れんぜ)沢の火口瀬が北流する。標高1100メートル以上はアオモリトドマツ、山麓(さんろく)一帯はブナの原生林が多い。森吉山県立自然公園に指定され、県の名勝・天然記念物の「小又峡(こまたきょう)」や国指定天然記念物「桃洞・佐渡の杉原生林(とうどうさどのすぎげんせいりん)」があり、1975年(昭和50)にはクマゲラの生息が確認された。登山コースは秋田内陸縦貫鉄道阿仁前田駅からバスと徒歩による4時間行程などがある。また、阿仁ゴンドラを利用して山頂に至るコースもある。2004年(平成16)には貴重な野生鳥獣の環境保全を目的とした森吉山野生鳥獣センターが開館した。

 なお、阿仁地区の住民は古来この山を深く信仰し、旧暦4月8日には大ぜいで登山しモロビ(アオモリトドマツ)を持ち帰り、親族か知己に配る風習がある。山や鉱山に入るときモロビを焼いて災難除(よ)けとする。

[宮崎禮次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森吉山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

森吉山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation