@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

森村誠一【モリムラセイイチ】

デジタル大辞泉

もりむら‐せいいち【森村誠一】
[1933~ ]推理作家。埼玉の生まれ。ホテル勤務ののち、ホテルを舞台とした「高層の死角」で江戸川乱歩賞を受賞。「腐蝕(ふしょく)の構造」「人間の証明」のほか、七三一部隊をあつかったノンフィクション悪魔の飽食」などがある。平成16年(2004)功績により日本ミステリー文学大賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

森村誠一 もりむら-せいいち
1933- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和8年1月2日生まれ。10年余りホテルに勤務。昭和44年ホテルを舞台にした「高層死角」で江戸川乱歩賞。ついで「腐蝕の構造」(48年日本推理作家協会賞)や「人間の証明」(51年角川小説賞)などの話題作を発表。七三一部隊をあつかった「悪魔飽食」などのノンフィクションも手がける。平成16年日本ミステリー文学大賞。23年「悪道」で吉川英治文学賞。埼玉県出身。青山学院大卒。作品はほかに「棟居刑事の殺人交差」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

森村誠一
もりむらせいいち
(1933― )

推理作家。埼玉県出身。青山学院大学英米文学科卒業。1969年(昭和44)大ホテル内での密室殺人を扱った『高層の死角』で江戸川乱歩賞を受賞して推理文壇にデビュー。72年には『腐蝕(ふしょく)の構造』で日本推理作家協会賞を受賞、新本格派の代表的な作家と目される。ほかに『人間の証明』(1975)に始まる三部作や、関東軍細菌戦部隊の恐怖を描くノン・フィクション・ドキュメント『悪魔の飽食』(1982)などがある。また歴史大作『忠臣蔵(ちゅうしんぐら)』(1986)なども発表し、時代小説の分野でも健筆を揮(ふる)っている。

[厚木 淳]

『『高層の死角』(角川文庫・講談社文庫)』『『森村誠一自選傑作短篇集』(1976・読売新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森村誠一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

森村誠一の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩大恐慌小津安二郎ルロイ伊藤大輔山中貞雄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation