@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

森林気象【しんりんきしょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

森林気象
しんりんきしょう

森林の内部またはその周辺に生ずる特別な気象現象。広い意味では農業気象の一分科であり、気象の規模からは微気象または小気象の範囲に属する。

 森林の内部は、枝葉の繁茂する上層の樹冠層と、おもに幹だけが林立する下層の樹幹層とから成り立っているが、この状態が森林に特有な気象状態を出現させる。森林の内部は、樹冠層で日射や地面からの放射が遮られるため、気温の較差は外気より小さくなる。この傾向は夏と冬に著しく、夏の林内は冷涼であり、冬は暖かい。気温の垂直分布は、樹冠付近で昼は最高となり、朝は最低となる。これは樹冠付近で熱の収支がもっとも盛んに行われるためである。風に対しては森林は障害となるため、風下や林内の風速を著しく緩和する。防風林として用いられるのはこのためである。またこの効果は吹雪(ふぶき)を防ぐためにも利用される。森林内の湿度は、樹葉よりの水分の蒸発(蒸散)により外気よりも高いが、暖候期は森林内の気温が低いために相対湿度も高くなる。これを利用してシイタケの栽培などが林内で行われることは周知のとおりである。森林は雨を多くするとの説もあるが、期待できるほどのものではない。ただ降水を樹冠や地上の枯れ葉などで一時的に保留し、河川への水の流出を緩和する効果はある。しかし年間を通じてみれば、流出率はほとんどほかと変わらない。

[安藤隆夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森林気象」の用語解説はコトバンクが提供しています。

森林気象の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation