@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

森繁久弥【もりしげ ひさや】

美術人名辞典

森繁久弥
俳優。大正2年(1913)大阪生。早大商学部中退。戦時中は満州新京放送局のアナウンサーをつとめる。映画「夫婦善哉」で不動の地位を確立。他に「恍惚の人」「屋根の上のヴァイオリン弾き」が代表作。「知床旅情」など歌手としての活動もある。

出典:(株)思文閣

知恵蔵

森繁久弥
森繁久彌」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

もりしげ‐ひさや【森繁久弥】
[1913~2009]俳優。大阪の生まれ。NHKアナウンサーや軽演劇を経て映画界に進出。「社長」シリーズや「次郎長三国志」シリーズ、「夫婦善哉(めおとぜんざい)」など、数々のヒット作に出演した。舞台では、ミュージカル屋根の上のバイオリン弾き」の主演で900回以上の公演を達成。歌手としても自ら作詞・作曲した「知床(しれとこ)旅情」をヒットさせるなど、幅広く活躍した。平成3年(1991)文化勲章受章。没後国民栄誉賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

森繁久弥 もりしげ-ひさや
1913-2009 昭和-平成時代の俳優。
大正2年5月4日生まれ。アナウンサー,コメディアンをへて昭和25年「腰抜け二刀流」で映画デビュー。「三等重役」「夫婦善哉(めおとぜんざい)」などで人気を博す。テレビ,舞台にも出演。歌手としても「知床旅情」をヒットさせ,ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」は900回以上の上演を記録した。平成3年文化勲章。平成21年11月10日死去。96歳。死後,国民栄誉賞を授与された。大阪出身。早大中退。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

もりしげひさや【森繁久弥】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

森繁久弥
もりしげひさや
(1913―2009)
俳優。大阪府に生まれる。早稲田(わせだ)大学在学中から演劇活動を始め、中退後、日本劇場の演出助手を振り出しに東宝劇団、古川緑波(ろっぱ)一座などを経て、新京放送局に勤務。第二次世界大戦後は新宿ムーラン・ルージュ、帝劇ミュージカルスなどに出演、人気を得る。映画での初主演は1950年(昭和25)の『腰抜け二刀流』。その後『夫婦善哉(めおとぜんざい)』『警察日記』などに次々と主演。舞台でも『夫婦善哉』『佐渡島他吉(さどじまたきち)の生涯』など多くの傑作を残し、とくに『屋根の上のヴァイオリン弾き』は1967年の初演以来900回の上演を重ね、観客動員数延べ165万人の大記録を打ち立てた。紫綬(しじゅ)褒章、文化功労者、文化勲章など多数受賞。また文筆にも優れ、著書も多い。平成21年11月10日死去。死後、国民栄誉賞が贈られた。[向井爽也]
『『森繁久弥 隙間からスキマへ』(1998・日本図書センター) ▽『森繁自伝』(中公文庫) ▽倉本聡著『森繁久弥86才芸談義』(小学館文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森繁久弥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

森繁久弥の関連情報

関連キーワード

牧野省三カフカセネットドビュッシーバルカン戦争デトリングネグリチュードバルカン戦争バレーボール北マケドニア共和国

他サービスで検索

「森繁久弥」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation