@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

森雅之【もりまさゆき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

森雅之
もりまさゆき
[生]1911.1.13. 札幌
[没]1973.10.7. 東京
俳優。本名有島行光。父は作家の有島武郎。成城高校卒業後,築地小劇場入団。のち京都大学へ進むが中退。以後新劇俳優としてテアトル・コメディ文学座劇団民芸などの舞台で活躍した。代表作『女坂』『深川年増』『三人姉妹』など。映画には 1942年『母の地図』でデビュー,第2次世界大戦後は映画を中心に活躍。その知的な風貌を生かして,吉村公三郎の『安城家の舞踏会』 (1947) ,黒沢明の『羅生門』 (50) ,『白痴』 (51) ,成瀬巳喜男の『浮雲』 (55) などで実力を発揮,日本を代表する俳優の1人となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もり‐まさゆき【森雅之】
[1911~1973]俳優。北海道の生まれ。本名、有島行光(ゆきみつ)。有島武郎長男築地小劇場文学座などに参加し、舞台俳優として活躍。映画界に進出し「安城家の舞踏会」で注目されると、その後も多くの名作に出演した。出演作「羅生門」「雨月物語」「浮雲」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

森雅之 もり-まさゆき
1911-1973 昭和時代の俳優。
明治44年1月13日生まれ。有島武郎の長男。テアトルコメディ,文学座をへて戦後は劇団民芸などに所属。映画出演は昭和22年「安城家舞踏会」で注目され,代表作に「白痴」「浮雲」「雨月物語」などがある。晩年新派に出演。昭和48年10月7日死去。62歳。北海道出身。京都帝大中退。本名は有島行光。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

もりまさゆき【森雅之】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

森雅之
もりまさゆき
(1911―1973)

俳優。本名有島行光。父は作家有島武郎(たけお)。札幌市生まれ。京都帝国大学文学部中退。1929年(昭和4)劇団築地(つきじ)小劇場に入団、1932年にテアトル・コメディに入団したが、解散後文学座に参加する。第二次世界大戦後は映画界に転じ、『安城家の舞踏会』『羅生門』『浮雲』などで知的でニヒルな人間像を造形。晩年は劇団民芸から新派、さらにフリーとなり舞台人としても活躍した。二枚目から老け役まで役柄の幅は広く、洗練された演技のなかに人間の深い翳(かげ)を描き、余人の追従できない人間像をつくりあげた。

[水落 潔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森雅之」の用語解説はコトバンクが提供しています。

森雅之の関連情報

関連キーワード

賄賂罪請託アッタロス[1世]牧野省三津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世アッタロス朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation