@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

植木枝盛【うえきえもり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

植木枝盛
うえきえもり
[生]安政4(1857).1.20. 土佐
[没]1892.1.23. 東京
自由民権運動の指導者。土佐藩士植木直枝の子。板垣退助や明六社の影響を受け自由民権運動に加わる。 1876年『猿人政府』が新聞紙条例違反に問われ禁獄。 77年立志社に参加し,のち再興愛国社国会期成同盟自由党などの運動に板垣片腕となって活躍する。一方民権派ジャーナリストとして『民権自由論』 (1879) などの出版により民衆啓蒙を行う。のち急進的自由民権運動から離れ,婦人解放運動に尽力し,90年第1回衆議院議員当選。彼の思想の特徴は,天賦人権論主権在民,抵抗権などにあった。その他の著書に『天賦人権弁』『開明新論』『言論自由論』『一局議院論』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

植木枝盛
1857~92年。土佐藩士の家に生まれた。板垣退助の書生になり、民権思想を独学自由民権論者で、人民の抵抗権、革命権を盛り込んだ私擬憲法起草。女性解放運動にも尽力した。終戦直後、憲法学者の鈴木安蔵が植木の「東洋大日本国国憲案」を参考にして憲法草案要綱を作り、GHQに提出。日本国憲法の憲法草案に影響を与えた。
(2018-06-08 朝日新聞 朝刊 高知全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

うえき‐えもり〔うゑき‐〕【植木枝盛】
[1857~1892]自由民権論者。土佐の人。板垣退助をたすけ、国会開設に尽力。急進的な私擬憲法東洋大日本国国憲按」を起草。著「民権自由論」「天賦人権弁」など。→自由民権論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

植木枝盛 うえき-えもり
1857-1892 明治時代の自由民権思想家,政治家。
安政4年1月20日生まれ。明治10年立志社に参加,板垣退助のブレーンとして国会開設運動や民権思想の普及につくす。14年「日本国国憲案」を起草した。23年第1回総選挙で衆議院議員となる。明治25年1月23日死去。36歳。土佐(高知県)出身。著作に「民権自由論」「天賦人権弁」など。
格言など】国は全く民によって出来たものじゃ(「民権自由論」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

うえきえもり【植木枝盛】
1857‐92(安政4‐明治25)
徹底した民主主義を主張した自由民権家,思想家。土佐藩士出身。1874年板垣退助の演説を聞いて政治に志し翌年上京,明六社の演説会などで啓蒙思想に接した。76年《郵便報知新聞》掲載の投稿〈猿人政府〉により投獄された。77年帰郷して立志社に加入し,立志社建白書の草稿を起草。以後,各地に遊説し,愛国社の再興,国会期成同盟の結成を推進するとともに,土佐州会(地方民会)の議員として活動した。80年有志組織の自由党を結成し,翌年帰郷して立志社のために私擬憲法を起草,10月に上京して最初の全国政党自由党の結成に参加。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

植木枝盛
うえきえもり
(1857―1892)

明治前期の思想家、自由民権論者。安政(あんせい)4年1月20日、土佐国土佐郡井口村(高知市)に生まれる。父直枝(なおえ)は土佐藩の中等の藩士。藩校致道館(ちどうかん)で学び、1874年(明治7)板垣退助(いたがきたいすけ)の演説を聞いて政治に発奮した。1875年上京し、明六社(めいろくしゃ)の演説会や慶応義塾の三田(みた)演説会、キリスト教会の説教などを聴講しながら、西洋近代思想の独学に励んだ。1876年『郵便報知新聞』に投書した「猿人政府ひとをさるにするせいふ」で2か月間投獄されたことが民権への志を深め、出獄後『湖海新報』に投書した「自由は鮮血を以(もっ)て買はざる可(べか)らざるの論」では、人民の革命権を主張している。1877年高知へ帰り立志社(りっししゃ)に入り、国会開設を要求した「立志社建白書」を起草し、以後板垣のブレーンとして民権理論の普及と運動の発展に生涯を賭(か)けることになる。1878年愛国社再興のため西日本各地を遊説し、土佐州会の議員に選ばれた。1880年には愛国社の機関誌『愛国志林』の編集、国会期成同盟や第一次自由党(自由党準備会ともいわれる)に参加、1881年には私擬憲法中もっとも民主主義に徹底した「日本国国憲按」を起草し、さらに自由党結成に参画した。1882年には官憲の圧迫に抵抗しながら京都で増税反対の「酒屋会議」を開き、その後も『自由新聞』の編集や遊説など精力的な活動を続けた。自由党解党後の1885年に高知に帰り、『土陽新聞』の編集や高知県会議員として地方自治、婦人解放などに取り組んだ。1890年第1回衆議院議員選挙に高知3区から当選したが、第1議会では、いわゆる土佐派議員の一員として民党敗北に加担し、立憲自由党を脱党した。のち自由党に復帰し、第2回総選挙立候補を準備中の明治25年1月23日東京で没した。平易な文体で民権思想を説いた『民権自由論』、世界政府構想を示した『無上政法論』をはじめ、『天賦人権弁』『一局議院論』『東洋之婦女』『植木枝盛日記』など多数の著作や論説を残している。

[松永昌三]

『家永三郎著『植木枝盛研究』(1960・岩波書店)』『家永三郎編『植木枝盛選集』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うえき‐えもり【植木枝盛】
自由民権思想家。土佐藩出身。立志社、国会期成同盟、自由党などの結成に参加。著「民権自由論」「天賦人権弁」など。安政四~明治二五年(一八五七‐九二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

植木枝盛
うえきえもり
1857〜92
明治時代の政治家・思想家。自由民権運動の理論的指導者
土佐藩出身。板垣退助の影響をうけ,立志社・自由党結成などに活躍。理論家として国約憲法・普通選挙・一院制議会など民主主義思想を主張した。1890年第1回総選挙に当選。主著に『民権自由論』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

植木枝盛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

植木枝盛の関連情報

関連キーワード

インドの大反乱ケクレインド大反乱歌沢大和大掾インド大反乱シュラーギントワイト[兄弟]ビゼーミレーワーグナーガーディナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation