@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

植村文楽軒【ウエムラブンラクケン】

デジタル大辞泉

うえむら‐ぶんらくけん〔うゑむら‐〕【植村文楽軒】
人形浄瑠璃文楽座座元。
(初世)[1751~1810]江戸時代後期の人。大坂に人形浄瑠璃座「高津(こうづ)新地の席」を創設、文楽座の基礎を築いた。
(4世)[1813~1887]江戸後期から明治の人。文楽中興の本名、正井大蔵通称文楽翁。大阪松島新地に文楽座を名乗って興行、文楽の全盛時代を導いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うえむらぶんらくけん【植村文楽軒】
1751‐1810(宝暦1‐文化7)
人形浄瑠璃文楽の芝居(後の文楽座)の創始者。本名正井(一説に征木(まさき))与兵衛淡路国仮屋(一説に阿波国)出身。竹本座,豊竹座廃絶後の寛政年間(1789‐1801)に大坂に出て,道頓堀の東,高津(こうづ)橋南詰西の浜側に人形浄瑠璃の席を開いた。〈文楽軒〉は本人の素人義太夫の芸名植村は淡路の人形座の元祖といわれる上村源之をならったという。のちに堀江市の側に進出。1810年に60歳で没した。その後,4世に当たる大蔵(文楽翁)が経営の才にすぐれ,座運を向上させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

植村文楽軒
うえむらぶんらくけん

人形浄瑠璃(じょうるり)劇団、文楽座の座元。6世まであるが、初世と4世とが有名。

初世

(1737―1810)阿波(あわ)(徳島県)の出身で、本名は道具屋大蔵。道具屋を業としたが、若いころより浄瑠璃を得意とし芸名に文楽軒を名のった。寛政(かんせい)(1789~1801)のころ大坂へ出て浄瑠璃の稽古(けいこ)所を開き、姓を植村と改めた。1805年(文化2)ごろ「高津新地(こうづしんち)の席」という人形浄瑠璃座を設け、今日の文楽座の基礎を築いた。初世没後、妻テルの甥(おい)正井貞蔵(ていぞう)が2世を継ぎ、博労(ばくろう)町難波(なにわ)神社境内に稲荷(いなり)の芝居を経営した。

[山本二郎]

4世

(1813―87)本名を正井大蔵(のち植村に改姓)、文楽翁を称した。天性慧敏(けいびん)で経営の才に富み、稲荷の芝居は隆盛に赴いた。ところが天保(てんぽう)の改革で社寺内の興行が禁止されたため、各地を転々、苦難の経営を続けたが、1872年(明治5)大阪市西区松島に「官許人形浄瑠璃文楽座」の看板を掲げ、やがて斯界(しかい)の指導的地位を占め、文楽中興の祖とうたわれた。6世のとき経営不振となり、1909年(明治42)文楽座は植村家から松竹合名社に譲渡されるに至った。

[山本二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うえむら‐ぶんらくけん【植村文楽軒】
江戸後期の操り芝居の興業師。
[一] 初世。淡路の人。本名柾木大蔵。文楽軒の人形芝居(のちの文楽座)の創始者。宝暦元~文化七年(一七五一‐一八一〇
[二] 三世(二世証楽の養子清六を三世とすれば四世)。本名正井大蔵。天保一三年(一八四二)の政令で一時衰微した文楽を復興させ、文楽翁と呼ばれた。文化一〇~明治二〇年(一八一三‐一八八七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

植村文楽軒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

植村文楽軒の関連情報

関連キーワード

ボルテール宝暦怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)瀬川菊之丞一条兼香大島蓼太田中藤六上杉治憲中村流天降言

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation