@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

植村正久【うえむらまさひさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

植村正久
うえむらまさひさ
[生]安政4(1857).12.1. 江戸
[没]1925.1.8. 東京
牧師,伝道者,神学者。旗本植村祷十郎の長男として生れる。幼名道太郎。横浜に移住して貧困のなかで S.ブラウンの英語塾に学び,1873年受洗。ブラウン塾が築地大学校に合併して東京一致神学校となり,これを卒業。 86年みずから設立した下谷一致教会牧師に就任。その後麹町に移り,一番町教会 (のちの富士見町教会) の牧師として生涯をおくった。その間『六合雑誌』 (1880) ,『東京毎週新誌』 (86) の編集に参画。さらに『福音週報』 (90,のちに福音新報) を主宰して日本のキリスト教界をリードした。また『真理一斑』 (85) ,『福音道志流部』 (86) などを著わして外国宣教師に劣らない神学思想を展開。新神学問題でも,時代思潮に影響された新神学欠陥を指摘して福音の本質を説いた。他方,伝道財政を外国ミッションへの依存から脱して自給独立の方向に発展させた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うえむら‐まさひさ〔うゑむら‐〕【植村正久】
[1858~1925]プロテスタント牧師・神学者評論家。東京の生まれ。富士見町教会東京神学社を創立し、牧師育成と神学研究に尽力した。「福音新報」を創刊。正統派福音主義神学の中心的指導者。「真理一斑」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

植村正久 うえむら-まさひさ
1858*-1925 明治-大正時代の牧師。
安政4年12月1日生まれ。植村李野の夫。明治6年J.H.バラより受洗。20年東京に番町一致教会(現富士見町教会)を設立,生涯同教会の牧師をつとめる。23年「福音週報」「日本評論」を創刊。37年東京神学社をつくり伝道者を養成。福音主義の立場から海老名弾正と論争し,外国のミッションからの自立をとなえた。大正14年1月8日死去。69歳。江戸出身。東京一致神学校(現明治学院大)卒。幼名は道太郎。号は謙堂。著作に「真理一斑」など。
【格言など】いまだかつてキリストのごとく語りしものなし(「われらの信教」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

うえむらまさひさ【植村正久】
1858‐1925(安政4‐大正14)
キリスト教伝道者,牧師,評論家。明治・大正期の日本キリスト教界の指導者の一人。旗本の子で,明治維新落した家名復興を志し,横浜で修文館,バラ塾,ブラウン塾に学び,宣教師の感化で1873年キリスト教に入信横浜バンドの代表的存在となった。78年日本基督一致神学校を卒業,79年下谷教会,87年一番町教会を設立。一番町教会は1906年富士見町教会と改称し,彼は終生その教会牧師となった。1887年より明治学院教授となったが,南長老派宣教師との対立もあって辞任し,1904年東京神学社を設立し,終生その校長であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

植村正久
うえむらまさひさ
(1857―1925)

明治・大正期の指導的キリスト教教師。安政(あんせい)4年旗本の子として江戸に生まれる。1870年(明治3)より横浜で英語を学び、1872年J・H・バラの私塾(後のブラウン塾)に入り、キリスト教に接した。翌1873年バラより受洗。東京一致神学校(明治学院の前身の一つ)を1878年に卒業、日本基督(キリスト)一致教会の伝道者となる。1884年に日本人による最初のキリスト教神学書といいうる『真理一斑(いっぱん)』を刊行。1887年には番町(ばんちょう)一致教会(後の富士見町教会)を設立、終生同教会の牧師を務めた。一時、明治学院教授も務め、1904年(明治37)より東京神学社を創設して伝道者の養成にあたった。1901年に始まった海老名弾正(えびなだんじょう)との論争でわかるように「福音(ふくいん)主義」の立場を守り、また、ミッションからの独立を目ざした日本プロテスタントの代表的存在。他方、『日本評論』『福音週報』(後の『福音新報』)などを刊行し、キリスト教評論、文芸評論の筆もとり、国木田独歩(くにきだどっぽ)、島崎藤村(しまざきとうそん)、正宗白鳥(まさむねはくちょう)をはじめとする日本の文学界にも影響を与えた。

[鈴木範久 2018年3月19日]

『『植村正久全集』全8巻(1932~1934・同全集刊行会)』『佐波亘編『植村正久と其の時代』5巻、補遺・索引1巻(1937~1941/復刻版・2000・教文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うえむら‐まさひさ【植村正久】
プロテスタント牧師。神学者。明治学院教授を経て、東京神学社、富士見町教会を創立。伝導者の育成、神学研究、聖書の翻訳、讚美歌編集、評論活動などにより、教会内外に広く影響を及ぼした。著「真理一斑」「信仰の生活」。安政四~大正一四年(一八五七‐一九二五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

植村正久
うえむらまさひさ
1857〜1925
明治・大正時代のキリスト教牧師・評論家
旗本の家に生まれ,英語・神学を学びキリスト教に入信。正統派福音主義信仰の確立につとめるとともに評論界でも活躍。教育勅語に対する礼拝を批判し,井上哲次郎に反論した。著書に『真理一斑』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

植村正久」の用語解説はコトバンクが提供しています。

植村正久の関連情報

関連キーワード

インドの大反乱ケクレインド大反乱歌沢大和大掾シュラーギントワイト[兄弟]インド大反乱ビゼーミレーワーグナーシュネーダー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation