@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

植民地議会【しょくみんちぎかい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

植民地議会
しょくみんちぎかい
Colonial Assembly

アメリカ13植民地の議会。通常、自由民の投票で選ばれる代議院(下院)と、国王または領主が任命する参議会(上院)とからなる。ただし、ジョージアとペンシルベニアには参議会がなく、一院制をとった。選挙権、被選挙権をもつには、財産または納税資格が要求されたが、選挙権は白人成年男子に広く普及していたというのが、今日一般の見解である。議会の発端は、1619年にバージニア会社がタウンやプランテーションの代表を招集したことにあるが、まもなくプリマス植民地、マサチューセッツ植民地も続き、王領・領主・自治植民地を問わず普及した。植民地時代を通じ、総督との対決を繰り返しつつ、立法権と課税権とを実質上掌握するに至った。

[池本幸三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

植民地議会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

植民地議会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation